【マガジン2018 6号『寄宿学校のジュリエット』レビュー・ネタバレ~犬塚はケダモノ?~】

友達以上、恋人未満~とか~
先輩以上、恋人未満~とか~
後輩以上、恋人未満~とか~


境目が~境界が~全然わからない~♪
フツーに告って玉砕とか~フツーにアリエール~♪
・・・ジェルウォッシュっ!!(*`Д´)ノ!!!


前回、犬塚のファグマスターである、手李亞(テリア)は犬塚への想いに悩み、
胡蝶に相談するも、それがかなり裏目に出て、
手李亞は結果的に犬塚のファグマスターを辞めようと決意しかけるという事態にっ!!


プリフェクトを目指す犬塚、危うしっ!!
というところで、前回は終わりました。
さて、では今回も『寄宿学校のジュリエット』ネタバレ・レビュー始めていきましょー( ゚_ゝ゚)ノ










さて、転んで膝をすりむいてしまった手李亞は、
犬塚にお姫様抱っこされ、保健室へ。


前回、一定の心拍数になったらアラームが鳴るという装置を付けて、
それが5回鳴ってしまったら、『犬塚のことが好き』と判断する、と、
胡蝶に言われていたのですが、


すでに、保健室で犬塚の処置を受け、5回アラームが作動しました。
それを受け、手李亞は自分は犬塚露壬雄のことが好きだと、認識しました。
それゆえ、手李亞から見た犬塚はこんな風に見えるっぽいです(笑)


IMG_20180114_161012.png


やだ・・・かっこ・・・いい・・・。
学園ハンサムの志賀くんみたいだ(笑)
・・・黙れ。


犬塚は心配して手李亞の額に手を当てるのですが、




IMG_20180114_161030.png



不覚にもこんなコテコテで笑ってしまった。
寄宿学校のジュリエットは、ちょくちょくシュールなギャグを挟んでくるから好きです。


さあ、手李亞の恋愛ボルテージも上がりに上がり、
手李亞自身も『自分は一体どうした!?』と戸惑っています。


それを見ていた、姉の胡蝶。
手李亞の気持ちを冷ませば良いんだと考え、
ある作戦に。


IMG_20180114_161047.png


犬塚『どうした!?お前も頭打った・・・ムブッ』

胡蝶『手李亞、ごめん・・・実はずっと黙っていたんだけど』


胡蝶『露壬雄君は私にメロメロなんだヨ!』

犬塚『今すぐ病院に行って精密検査を受けてこい!!』

胡蝶『露壬雄君は私のこの体がたまらなく好みで、会ったその日に押し倒されたんだネ!!』

犬塚『お前、マジ黙ってろ!!』

周りのモブ女1『うわっ・・・』
周りのモブ女2『ロリコン・・・』
周りのモブ女3『通報よっ!!』


・・・解説すると、胡蝶は手李亞の犬塚への気持ちを冷めさせるために、
犬塚は自分(胡蝶)のことが好きだと手李亞に伝える作戦に出たようです。
さあ、黒犬のプリフェクトとして名高い胡蝶の作戦は果たして・・・!?


犬塚『オイ、手李亞。何とか言ってやってくれよ・・・ん?』

手李亞『話しかけないで・・・ケダモノ・・・』

犬塚『!?』

手李亞『姉さんも大嫌いっ!!』

胡蝶『ガーン。だ・・・大嫌い・・・大嫌いだって・・・フフフ(錯乱)』




・・・少佐!!作戦は失敗でアリマス!!
うむ!!ダメダメだな!!


胡蝶ってホントは天才なんですけどね。
たまに思考回路がおかしくなるんですね(笑)


さて、やっぱり様子がおかしいと思い、手李亞を探しに行った犬塚。
一時、手李亞を見つけるもすぐに走り去ってしまいました。


(手李亞の脳内の声)

だめだ・・・頭の中がモヤモヤする・・・。
もう・・・まともに顔も見れないし、
こんな状態じゃ露壬雄君と一緒に仕事なんてできない・・・



IMG_20180114_161230.png



これは・・・雲行きが怪しくなってきました・・・。
犬塚はちなみに、『プリフェクト(監督生』という学校の役職を目指しています。
現在、手李亞と胡蝶はその役職です。


んで、その『プリフェクト』とやらになるためには、
『ファグ(雑務役』という役職を経由しないとなれません。

なので、その『ファグ』を解任されたら、
犬塚には『プリフェクト』になれる見込みが消えるということ。

それゆえ、胡蝶も必死で手李亞の気持ちを冷まそうとしてるんですね。
まさか、手李亞がそこまで重く考えているとは知らなかったんです。


さて、犬塚は手李亞を探しに、室内のステージにきました。
すると、

謎の声『オイオイ、ここはステージ裏だぜ』

と、犬塚に呼びかける謎の声が。



誰だ?と思ったら、こいつらでした。


IMG_20180117_053510.png



・・・誰だ・・・??
おそらくですが、週刊少年マガジンに移行してからは出てきてないかもしれん。


男の方は『アビ』、女の方は『ソマリ』と言って、
以前に犬塚にやたらと絡んできた奴だったかな。
たしか、白猫側の人間だったようで、ペルシアとも一時期対立してたんですよ。
詳しくは単行本で見れますんで。
今後も、週マガ連載前のネタバレ記事も書こうかな。



さて、これからアビのステージがあるのですが、
なんと大雨の影響で雷が落ち、ステージは停電!!

しかし、こんなことで諦めたくないアビ。
ソマリが夜なべしてまでステージ衣装を作ってくれた。
音がなくても、真っ暗でもやってやる・・・。

そう、犬塚に意気込むのですが、
犬塚は実行委員として手李亞に依頼することを考えます。


アビ『手李亞!?黒犬の監督生が俺のために動くか!?』
犬塚『あ”!?てめー手李亞を見くびんなよ』


犬塚『あいつは寮生のため・・・いや生徒のためなら自分を顧みずにとことん頑張れる奴だ』





IMG_20180117_054720.png



なんと、隅っこで犬塚の話を聞いていた手李亞。
手李亞は犬塚の信頼に応えるべく、すぐに行動に移ります。



IMG_20180114_161258.png



恋とか、そんな感情・・・今は捨てる。
私は、ただマスターとして露壬雄君の信頼に応えたい。


そういって手李亞たちは無事ステージの照明や音響を復旧。
アビは無事にステージで歌を披露することができました。
・・・ソマリしかいなかったけど。


犬塚『ふう・・・色々あって疲れたな』
手李亞『うん・・・』
犬塚『もう大丈夫なのか?今日、様子が変だったけど・・・』
手李亞『うん・・・』



結局この気持ちは・・・恋かもしれない。
けど、私は今の関係が一番好きだから・・・


IMG_20180114_161337.png


犬塚『そっかそっか!にしても今日の手李亞はめっちゃカッコ良かったぜ!』
手李亞『そう・・・』



IMG_20180114_161322.png



おやおやおや・・・手李亞ちゃん。
なかなか割り切るのは・・・難しそうだね。
好きという感情をどこまで向き合うか。
はてさて、今後の犬塚と手李亞の関係はどうなるのでしょうね。


では、また次回に。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
『徒然チルドレン』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26733324-1.html

『彼女、お借りします』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26744691-1.html

『五等分の花嫁』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26731082-1.html

『星野、目をつぶって』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26763198-1.html

『寄宿学校のジュリエット』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26794750-1.html


この記事へのコメント

カテゴリ

スポンサーリンク