【マガジン2018 9号『彼女、お借りします』レビュー・ネタバレ~更科るかが和也に恋する5秒前~】

ひょんなことから、付き合うことになった
和也と、更科るか。

今回のお話は、『なぜ、更科るかが和也を好きになったか』が明らかになります。


全人類が疑問に思っていたミステリーの謎が今解き明かされる時がやって来たのです!!

ちなみに、『ひょんなことから』の『ひょんな』って何やねん!って思わないすか?


ヤドリギっていう木に寄生する植物が由来らしいよ。
勉強になったねぇ~(´・∀・`)


話がそれちゃうので、では今回も週刊少年マガジン『彼女、お借りします』ネタバレ・レビューやっていきますね!









さて、話は更科るかが小学生の頃まで遡ります。



IMG_20180201_122020.png


ドキドキしない病?
んだ、そら?

てか、更科るかって本名かい!!
瑠夏の漢字が平仮名になっただけやないか!!


もっと源氏名?凝ったものにしなさいよ( ノД`)
どう考えてもバレる前提やないか(笑)


まあ、それはさておき。
更科るかの病気はどうやら先天的なものらしく、
1分間の心拍数は60前後だそう。


ちなみに、通常の子どもの心拍数は90くらいらしい。
大人は、70~80だって。


るかの病気は、心拍数が上昇するような激しい運動をしてしまうと、
目眩や、息切れが生じるらしく周りからも気を遣われていたらしいです。


そのため、ゲームをしてても、興奮してしまうと息切れを起こしてしまうため、
良いところで母親にゲームを取り上げられてしまいます。


もちろん、学校の体育も然り。


彼女の先天的な病気によって、できることが制限されてしまっていたのでした。


しかし、彼女も大人になるにつれてできること、できないことの境目が分かるようになり、日常生活には支障がなくなりました。


とはいえ、『心拍数を上げない行動』は彼女をこのように思わせてしまうのでした。




IMG_20180201_122137.png



んあー、なんか切ねえなあ。
ドキドキしないっていうより、ドキドキできないってことだもんね。


ドキドキするってことは、楽しいとリンクする部分もあるし、ドキドキがNGってなったら自ずと楽しめないよな。


結構、それはそれで辛いよね。
周りとの温度差も感じるだろうし(´д`|||)



そして、『なぜ更科るかがレンタル彼女を始めたか』なのですが・・・。


ある日クラスメイトが恋バナで盛り上がっているのを聞いて、自分も『恋』を通してドキドキしてみたい。



そう思ったため、『レンタル彼女』運営会社に応募したようです。


自分の通う学校には、冴えない『おまいら』しかいなかったので、外部で見つけようとしたんですね。


まあ、『レンタル彼女』利用するやつも『おまいら』っていうオチかもしれんがな(笑)




さて、『レンタル彼女』で恋を見つけようと思った更科るかですが、ある日、更科るかが『レンタル彼女』として、利用者と歩いていると、ガラの悪いヤンキーたちに絡まれます。



ヤンキーたち『何々?カップル?彼女、超カワイー。何お前、どうやって口説いたの?』


利用者のオッサン『な、ち、違う!』


IMG_20180201_122247.png


利用者のオッサン『しっ、失礼する!!』



なんと、オッサンは更科るかをそっちのけで、
早々と立ち去ってしまったのです。


・・・ん~(ノ_・。)
まあ、そうなるよね。
本命の彼女じゃないしね。


自分の身が可愛いというか、わからんでもないけど・・・かっこわるう・・・。


まっ、俺は本物だろうと、レンタルだろうと?
女の子は大事にしないとだし、守るけど?



そして、『あわよくば』を狙うという・・・(ゲスの極み)


いや、ごめん。
そんな度胸ねえわ(笑)


まあ、ここで更科るかは思うわけです。
『レンタル』に本気の恋なんてあるわけないと。


そして、もう自分が『ドキドキ』することは諦めよう。
そう、思っていた矢先っ!



和也『レンタルだけど、水原は、水原はっ、最高の!彼女だから!!』



そう、以前に、栗林にレンタルのことバラさないでくれ~って頼み込みましたよね。


和也が土下座しながら、レンタル彼女である水原千鶴のために、お願いしている様子を見て、るかは困惑。



レンタル彼女なのに、なんでそこまで?
えっ?えっ、うそっ


ドッドッド・・・



IMG_20180201_122310.png



そう、和也の存在が更科るかの人生を変えたのです。
元々のるかの心拍数は、60前後。


それが、79、90と通常の心拍数まで高まったのです。


諦めかけていた高揚感やドキドキ。
それが、和也が与えてくれた。


だから、更科るかは和也を好きになった。


そして、今日も更科るかは元気よく学校へと向かうのでした。


んなるほどねーーー。
なーんか、やっと分かったわー、理由がーーー(*´ω`*)


心拍数が上がらない病気なんて、あるんですね。
今度、ちょっと調べてみよう。


まあ、好きになっちゃうよね。
自分が諦めかけていたモノを、その人が与えられたらさー。


俺も諦めかけていたボーナスが、いきなり見知らぬ人に100万もらって、
自分の手に入っちゃったら、その人のこと好きになっちゃうかもなー(*´∀`)


え?それは全然違う問題だ?
・・・あんたはだぁっとれい!!(ツェッペリン風)


お金ほしーわ(笑)
家族を養うパワーをくれ\(^_^)/


はい、脱線しましたが今回はここまで。
次回は、和也と更科るかのデートの描写とかあるのかな?
楽しみですね(^-^)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
『徒然チルドレン』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26733324-1.html

『彼女、お借りします』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26744691-1.html

『五等分の花嫁』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26731082-1.html

『星野、目をつぶって』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26763198-1.html

『寄宿学校のジュリエット』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26794750-1.html





この記事へのコメント

カテゴリ

スポンサーリンク