【マガジン2018 23号『星野、目をつぶって』レビュー・ネタバレ~バレンタインデーのざわ・・・ざわざわ~】

うまくいかん。
プライベートも仕事もうまくいかん。

そして、納得いかん。
腹が立って、腹が立ってどうしようもない。

そういう時みなさんもありますよね。
今、まさに私その時期。

そういう時は現実逃避、現実逃避。
マガジン読んで、仮想空間にダイブ!

心を病む人の支えにもなるマガジン。
これからも私は愛します(笑)


はい、では今回もマガジン『星野、目をつぶって』ネタバレ・レビューやってきますね。


さて、前回高橋と藤本の一騎討ちがありましたが、結果は高橋に軍配が上がりました。
そして、今回はそれから少し日にちが経ち、バレンタインデーがやってきました。

今回は、バレンタインデーにおける様々な人物の人間模様をお送りしまっす。


さて、待ちに待ったバレンタインということで、学校は浮かれポンチ一色。
どいつも、こいつも浮かれに浮かれまくっています。


もちろん、チョコをもらえずにこの世の終わりのような顔をしている連中もいますが(笑)


さて、バレンタインといえば昔は女性から男性へのプレゼントが多かったのですが。

今や『友チョコ』の方がシェアが多いらしいですね。
(どうせ○治とか○ッテとか、不○家とかの戦略なんだろうけどね)


小早川は、この『友チョコ』文化を利用して榊莉穂と仲良くなるんだ!と星野に伝えました。
そして、









IMG_20180518_120231.png




意気込む星野(笑)


小早川『バカ!そんな顔してチョコ渡されたら警戒するわ!リラックス!リラックス!』

星野『うぅ・・・でも・・・』

小早川『行け!』


星野の背中を押して、莉穂にチョコを渡しに行くよう伝える小早川。

たかが、チョコ渡すだけであんな顔してんのあいつだけ・・・と思ったら!



























IMG_20180518_120217.png


ここにもいた(笑)
西村、お前だったのか。


その他にも、女バレーの後輩から友チョコをもらう添島。
そして、パティシエ並の手作りチョコを漫研部の人に渡す加納。

また、加納のヤンキーの友達もまた漫研部の人たちに渡すなど、意外な人物もバレンタインを楽しんでいました。


一方で、野球部の高橋と、他の野球部の関係性は気まずい状況。
すれ違っても、挨拶もせずに他の野球部連中は去っていきました。

まあ、気まずいわな。
どっちも。


こういうイベント事って当事者じゃなかったり、それどこじゃない人にとっては、煩わしいもの以外の何者でもないからね。


そこは、仕方ないね。



・・・さて!
肝心の星野ですが、彼女は屋上にいる友人たちに友チョコを配りに行きました。

もちろん、その中には『榊莉穂』も。

星野は勇気を出して、『チョコ作ったんだ』と伝えます。
しばらくの沈黙が流れ、誰ももらってくれないのだろうか・・・。

そう思った矢先!



























IMG_20180518_120401.png


『チョコ、欲しくね・・・?え・・・?』


どっ!!


チョコ欲しがり屋さんの特攻で、空気ががらっと変わりました!
こぞって星野のチョコをもらおうとするモブ。
(おい、こら都合良すぎねえか?)


さすがに石橋は、ぐぬぬと葛藤しているようですが(笑)


そして、肝心の莉穂は・・・?




























IMG_20180518_120420.png


えええっ!!((((;゜Д゜)))

なんだ、こいつ、マジで!!( ; ゚Д゚)

そこまでしなくてもええだろが!!



さすがにモブたちも『いい加減にしろよ』と思ったのか、今度は怒りの矛先が莉穂に向いてしまう!

『莉穂とかもう良くね?』
『ハブにする?』

など、今まで仲良くしていた友人とは思えない言葉が。
(一番ムカつくのは、モブ!おまえらだからな!)


一方、その頃。
小早川は、西村が自分の教室で教科書をばらまきながら、探し物を必死にしているのを目撃!

聞けば、こはるん(鍔木)に渡す手作りチョコがなくなったとのこと。
それを聞いたモブたちは、『あいつ、やべー』とまた騒ぎ立てる!

























IMG_20180518_151749.png



星野『私はそんなことがしたいわけじゃない。ただ、毎年やってたことをやりたいだけなの』

小早川『包みの柄教えろ。探すなら人手が多い方がいいだろ』


チョコを渡すべく二人は奔走するのでした。
友のために。




そして、場所は変わり、ここは校舎裏。
自分の手作りチョコを眺める加納でしたが、そこへ松方いおりが登場!


そして、








松方『辞める、学校』

加納『えっ!』








衝撃発言を加納は聞くことになったのでした。







うーむ、激動のバレンタインですな。


かたや、浮かれに浮かれまくって浮かれポンチ。

かたや、気まずい思いして学校で顔を合わせる連中。

かたや、新たな門出のために、決意をした女の子。


人間ドラマですな。


『星野、目をつぶって』はホントに面白いね!
松方の今後、星野と莉穂の関係、西村のチョコの行方。

気になることは盛りだくさんの今回でしたが、今日はここまで。
では、また!
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
『徒然チルドレン』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26733324-1.html

『彼女、お借りします』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26744691-1.html

『五等分の花嫁』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26731082-1.html

『星野、目をつぶって』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26763198-1.html

『寄宿学校のジュリエット』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26794750-1.html




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

星野、目をつぶって。 全巻(1〜11巻)セット / 永椎晃平
価格:5105円(税込、送料別) (2018/7/1時点)





この記事へのコメント

カテゴリ

スポンサーリンク