【マガジン2018 24号『寄宿学校のジュリエット』レビュー・ネタバレ~犬塚藍瑠、憤怒っ!!どうなる、犬塚とペルシア~

はい、どうも。
とりあえず色々と一段落しましためそまねです。

人生生きてたら、色々あるよねホント。
それに対して、僕らはかみ砕いて咀嚼していくしかないんだね・・・。

あるがままを認める、というか。
抗うのも疲れてしまった、サラリーマンマンなんですよ、私は。


しかし、ネットの中なら私は抗えるぞ!!
クソブラック会社めっ!!
滅びよ!!


・・・ふぅーふぅーふぅー(゜∀。)
( ゚д゚)ハッ!

取り乱してしまいましたね。
失礼。


で、では今回もマガジン『寄宿学校のジュリエット』ネタバレ・レビューやってきますね!


さて、前回。
ジュリ男=ペルシアであると、よりによって一番見つかってはならない男にバレましたね。

そう、それが犬塚露壬雄の兄である、犬塚藍瑠。

藍瑠の怒りのボルテージはMAXむらい!
抑えきれない感情をむき出しにして、ペルシアに向かってこう言い放ちます!


藍瑠『なぜ貴様がここにいる』


と。


しかし、ペルシアは突然の事態に、そして藍瑠の怒りに戸惑い、何も答えられず錯綜するだけ。



藍瑠『答えられんか。だが、ジュリエット・ペルシアが変装してまで犬塚家にいる理由など分かりきっている。やはり誕生日にした俺の推測は正しかった』





























IMG_20180520_215105.png




・・・やはりバレていたか。
そう実は以前にも、藍瑠は犬塚とペルシアの関係を疑ったことがあったんですよ。

でも、犬塚とペルシアの迫真の演技(真剣での立ち合い)によって、その疑いを少し晴らしたんですよね。


ただ・・・もう・・・これは決定的ですからね。
言い逃れでもしようものなら、余計に藍瑠の神経を逆撫でするだけだし。



藍瑠『さて、言い訳を聞こう』

犬塚『っ・・・!ペルシアと交際していたことを兄さんに黙っていたことは悪かった・・・』

犬塚『けど俺たちは本気なんだ!いい加減な気持ちで付き合ってるわけじゃ・・・』

藍瑠『貴様が本気だろうがなんだろうがどうでもいい




つい最近まで戦争状態にあった東和国とウエスト公国。

国民の中には、ウエスト公国の人間を恨んでいるものもいる。

そして、犬塚家は政治家の家。

それが、敵国の女と恋仲になっていたら、犬塚家はどうなる。

俺たちは裏切り者として、そして父親のやってきたことが水泡に帰す。




これが藍瑠が激情した理由であり、言い分でした。
なるほど、確かに道理を考えればそうだよな。


政治家の息子が真っ先に、敵国の女と仲良くなってたなんていったら、

内通を疑われるといっても過言ではない。














IMG_20180520_215141.png




藍瑠『犬塚家を潰す気か



藍瑠の怒りに圧倒され、犬塚は納屋へと放り投げられ閉じ込められる。
無論、ペルシアも一緒に。


藍瑠『いいか、露壬雄。貴様に出来ることは一つしかない』

藍瑠『その女と今すぐ別れろ。それができないのであれば、この家から出ていけ』




藍瑠は、二人に『今日の夜まで返答しろ』と言い、その場から立ち去っていきました。





突然のことにショックを隠しきれないペルシア。
自分を責めるあまり、その目には涙が溢れて仕方がありませんでした。






IMG_20180520_215221.png




自分を責めるペルシアを慰めるべく、優しい言葉をかける犬塚。
キャー(*ノ▽ノ*)イケメーン(/▽\)♪

でも、これは昔の犬塚なら、言えなかったかもしれんな。
色んな災難や、トラブルを解決して、一歩一歩成長していったから、言えた言葉だよね。




犬塚『今こそ二人で乗り越えよう!これが世界を変える第一歩だ!』





























IMG_20180520_215243.png




(;・∀・)お母たま!?


犬塚『って、母さん!?何でいるのっ!?』

千和『何でって・・・様子を見に来たのよ。けど、あなた達ノックしても反応ないから』



どうやら、犬塚とペルシアか甘い言葉を言い合ってるのも見てた模様(笑)
これは、恥ずかし蓮治!!



話を聞くと、母親としては応援してあげたいとのこと。
しかし、同時に藍瑠のことも考えてあげないといけないとも。


そこで、犬塚はふと疑問に思います。


なぜ、あんなにも『犬塚家の名』にこだわるのか、と。
その疑問に千和は、答えます。


千和『藍瑠くんがああなったのは、主人・・・お父さんの遺言がきっかけなのよ・・・』





と、いうところで今回はおしまい。

なんだか藍瑠の闇も深そうだなぁ。
父親の言葉に縛られているのか・・・。

というより、根は優しい人だから、多分使命感のみであんなに正義を貫いているんだろうな。

長男として、父親の言葉を守るべく必死だったんだろうな・・・。


・・・。


とりあえず、明日水曜日なんで明日の連載を待とう。
では、皆さん。

アディオース( ゚_ゝ゚)ノ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
『徒然チルドレン』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26733324-1.html

『彼女、お借りします』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26744691-1.html

『五等分の花嫁』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26731082-1.html

『星野、目をつぶって』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26763198-1.html

『寄宿学校のジュリエット』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26794750-1.html


この記事へのコメント

カテゴリ

スポンサーリンク