【マガジン2018 24号『星野、目をつぶって』レビュー・ネタバレ~行動すれば少なからず進展する~】

世の中おかしいなと思うことって結構ありますよね。
理不尽なこと、許せないこと、不審に思うこと。

たくさんあるんですわ。

社会ってそういうものだよと言う人は、社会の荒波に揉まれてそう思わざるを得なくなったのだろうね。


確かに私もそういう人間になりつつある。
大人になるってこういうことだったのだろうか・・・。

なんだか・・・つまらん人間になってしまったなあ・・・。

そんなつまらない人間は、週刊少年マガジンを読んで、せめて仮想空間の中だけでも、面白い人間になろう。

ワクワクを・・・探しに行こうよ!!


と、なんかよく分からん宗教っぽいフレーズになってしまった。
失礼しました。

『黙ってお前はネタバレ記事書いてりゃいいんだよ』というこのブログの読者からの声が痛い・・・うぅ・・・。

さーせんしたあ!!( ;∀;)


では、今回もマガジン『星野、目をつぶって』ネタバレ・レビューやっていきますね。


さて、前回の『星野、目をつぶって』では小早川と星野が奮起!
小早川は、西村のために。
星野は莉穂のために。

彼らは、行動しました。
 

さて、こちらは小早川サイド。
小早川は西村の作った手作りチョコを見つけるべく奔走。

あんなに大事そうに抱えていたチョコをなくす訳がない。
ならば、こういうときは・・・!!

そして、小早川は見つけ出しました!
今まさに不良の手によって焼却炉へと放り投げられるチョコをっ!!


小早川『ああ、あああああああ!!!』


なんと、小早川は単身不良三人組に突進っ!!
しかし、残念ながら多勢に無勢・・・。

小早川はなす統べなく地に倒れる!


不良モブ『なんなんだテメーは!!いきなり突っかかってきやがって!』

小早川『チョコ返せ・・・西村の・・・』





IMG_20180520_215407.png



馬鹿めが!!馬鹿めが!!馬鹿めがっ!!!
物事の本質を見ようとしない凡愚めっ!!(仲達)


この言動に小早川は、ブチ切れ。


『なんでお前らみたいなのがいるんだ、なんでヘラヘラしてられるんだ』

『テメエらなんかにあいつが笑われる筋合いなんてない』

と、不良モブたちに言い放ちます!!
(不良モブってなんか出来損ないのモブみたいね)

当然ブチ切れる不良モブたち。
有無を言わさず小早川に殴りかかろうとします((((;゜Д゜)))


と、その時!!
小早川の前に立ちはだかる人物が!!


それは、なんと『こはるん』こと、鍔生小春でした!
こはるんのファンである、不良はなんとかパンチを当てないようにするも、背中がこはるんに当たってしまう!


不良モブ『あ、ごめっ・・・そんなつもりじゃ・・・』

不良モブ『(ゾクッ)』




























IMG_20180520_215421.png



不良モブの背後には、修羅と化した西村が!
鬼だ・・・( ゚□゚)


そして、果敢に向かっていく西村。
ちなみに、3人相手でふつーに勝ってる(笑)
こいつ、つえー。


さて、西村が奮闘している中、鍔生は小早川にこう伝えます。


鍔生『・・・先輩、こんなの学校に限んないと思うっすよ』

鍔生『人間どこまでいっても独りは不安ですからね』


さすがアイドルと言うべきか、大人の汚い部分も見てきた鍔生はどこか達観している。
納得のいかない小早川。

しかし、鍔生は続けてこうも言います。


鍔生『その点私は良かったんです。星野先輩に出会えた。小早川先輩と話せた。西村さんに・・・私を見つけてもらえた』


小早川『鍔生・・・お前・・・学校辞めるのか・・・?』


鍔生は、何も言わずほほえむのでした・・・。









一方、星野はというと、莉穂のもとへチョコを私に行ってました。


しかし、星野の精一杯の気持ちもスルーされ、完全にキレました。


莉穂につかみかかろうとする星野でしたが、ボディーガードの雪姫にブロックされます。


ですが、そのまま星野は莉穂に伝えます。


自分はどんな風に扱われても良い。
でも、なんで笑わないのか。

なんで全然楽しそうにしてないのか。


莉穂が怖い顔しているからみんなビクビクしているんだ。

このままじゃ嫌われ者になっちゃう。
それでいいの?

粧歩祭で一緒に歩こう、みんなともたくさん話しよう。


星野は自分の思いの丈を精一杯伝えたのでした。

・・・しかし、莉穂は後ろを向いたまま黙っているのみ。




IMG_20180520_220243.png


カーッとなった星野でしたが、雪姫の力でバスの中にボッシュート。

バスのドアが閉まり、星野はそのままバスでお帰りになりました・・・。

ですが、星野の想いは決して無駄ではありませんでした。
その証拠に、星野の言葉を聞いた莉穂はこの表情。


IMG_20180520_215549.png


莉穂も分かっているのです。
でも、素直になれない。

だが、着実に彼女の氷のような心は溶けている感じがしますね。
早く素直になってくれれば良いんですけどねえ(保護者ヅラ)


さて、今度は小早川サイド。
(うーん忙しい)

怪我を負った小早川と西村は、保健室で鍔生の手当てを受けています。
そして、治療が終わり、いよいよ西村の告白タイム。


西村『あな・・・貴女は僕にとって・・・雲の上の存在で・・・憧れで・・・いつまでも追いかけていたい・・・光でした』

西村『好きです、心の底から・・・僕の気持ち受け取ってください』

鍔生『・・・ごめんなさい、受け取れません。私は・・・アイドルだから。でも・・・』


IMG_20180520_215614.png


鍔生『友チョコです』


・・・だよね。
やっぱそう上手くいかんよね、人生。

しかし、西村くんは満足そうに空を眺めています。
まあ、確かに現役トップアイドルから『友チョコ』もらうなんて、ファンからしたら大興奮だよね。


こはるんも納得して学校を去れるようだし、西村もすっきりしたようだし、まあ『ちゃんちゃん』って感じかな?


と言う感じでどうやら今回はおしまい。
ですが、まだまだわだかまりが残っているキャラが多数。


学校を辞める発言をした松方と、それに納得できない加納。
そして、莉穂のためになんとかしたい星野と、素直になれない莉穂。


人間関係ってホント色々あるけど、こうやって歩み寄っていくしかないんだろうね~。


みんなも、学校とか会社とか人間関係大変だろうけど・・・。
まあ、マガジン読んで頑張ろうぜ!!
じゃあ、あばよ!!
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
『徒然チルドレン』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26733324-1.html

『彼女、お借りします』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26744691-1.html

『五等分の花嫁』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26731082-1.html

『星野、目をつぶって』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26763198-1.html

『寄宿学校のジュリエット』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26794750-1.html



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

星野、目をつぶって。 全巻(1〜11巻)セット / 永椎晃平
価格:5105円(税込、送料別) (2018/7/1時点)




この記事へのコメント

カテゴリ

スポンサーリンク