【マガジン2018 27号『寄宿学校のジュリエット』レビュー・ネタバレ~おうふwww着物ペルシア可愛すぎwww~

はあ~~~長年同じ人と連れ添っているとさ。
ドキドキ感とか、ワクワク感とか、薄れていくもんだよね。


まして、こう、夫婦とか、子どもとか生まれると尚更ね。


でも、思い返せば色んな事があって、様々な障害を経て、一緒にいるわけで・・・。


みなさん、今のパートナーをないがしろにしていませんか?
普段一緒にいると、ありがたみって感じないですけどね。


さて、そんなあなたにお勧めの漫画があります。
それが、この『寄宿学校のジュリエット』やで。


この漫画のピュワーで真っ直ぐな登場人物の想いや行動。
そして、犬塚とペルシアの恋愛模様。


『あ~自分たちもこんな時があったのかなぁ・・・』と感慨深く思うかもしれません。


淡白になってしまった関係打破に、ぜひこの『寄宿学校のジュリエット』を(笑)


私はこれを読んで、嫁を大事にしようと思いました。


一緒に暮らしているとムカつくときも、悲しくなるときもありますが、それだけではないはず。


きっと忘れかけていた大事な感情が湧いてくることでしょう(*´∇`*)
お前、昔を思い出せよ!?(松岡シュー・・・ZO!!)





では、今回もマガジン『寄宿学校のジュリエット』ネタバレ・レビューやってきまっせ!!



さて、前回犬塚藍瑠と一騎打ちして、なんとか勝利した犬塚露壬雄。
ペルシアとの仲もひとまず、容認された形になりました。


そして、今回トラブル続きだった『東和旅行』も最終日となったのです。



朱奈『そ、それでは・・・御達者で・・・p(´⌒`。q)グスン』


ジュリ男『うん!朱奈ちゃんも元気で!また学園で会おう!』


朱奈『わ~ジュリ男様~!!』


犬塚千和『ジュリ男君とうとう帰ってしまうのね~!!』



っておい(笑)
千和さん、あなたはジュリ男=ペルシアって知ってるだろ!!


あ、単にジュリ男(ペルシア)が良い子だから別れが惜しいってことか・・・。
良かったな、ペルシア。


姑公認やないか・・・。
これでケコーンしても問題なく夫婦生活が送れるね。





というわけで、ジュリ男と犬塚は朱奈と千和に挨拶をして、犬塚家を後にしました。



ジュリ男『はぁ~あっという間の3日間・・・。色々あって本当に濃い旅行だったわ。ね?犬塚』
























IMG_20180610_111742.png




ち~ん。



し、しんでる・・・!?



ま、まさか昨日の傷が・・・!?



と、心配するジュリ男でしたが、実際はただ『別れが寂し過ぎて目眩しただけ』


完全に『女々塚』でした(笑)



犬塚が『女々塚』状態なのを見抜いたジュリ男は、気を使って『ちょっと寄り道、付き合ってよ』と犬塚を誘う。



そして、二人は『墳土市商店街』へ。
・・・ふんどし商店街?


どうやら、ジュリ男はガイドブックに載ってたお店に行きたかった様子。



ジュリ男『ここだわ』

犬塚『着物?』
























IMG_20180610_111811.png



BBA・・・。


はだけ過ぎだろ。
公然わいせつだろ・・・これ。


つーかめっちゃおっぱいでけえ!!
・・・あ、いやそこはどうでもいいか・・・。


なんか稲中の卓球名人の岸本BBAを思い出すわ。


↓リンクをクリックすると岸本ばあさんの画像が見れます。閲覧注意(笑)
https://www.pixiv.net/search.php?word=%E5%B2%B8%E6%9C%AC%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%95
(pixiv 岸本ありさの画像より)



本編に戻ろう・・・。
さ、というわけで、犬塚とジュリ男は着物に着替えることに。



IMG_20180610_111843.png



おぉふっ!
驚異的な可愛さのジュリ男!!


ちなみにジュリ男の『うなじ』が見たい人はマガジン・単行本をぜひどうぞ。




ジュリ男『ねえ、犬塚。こうしていると私も同じ国の人になったみたいじゃない?』


犬塚『(ドキッ)実はオレも同じ事を・・・』


ジュリ男『ねぇアレは何!?馬車みたいだけど・・・』


犬塚『あれは人力車だな』


ジュリ男『(ぐいっと犬塚の腕をたぐり寄せ)行ってみようよ!!」



こうして犬塚とジュリ男は1時間という短い時間であれど、楽しく東和国の商店街を満喫するのでした。



犬塚『えっ!!もう1時間!?これで終わり!?』

ジュリ男『そうよ、これ以上は電車は間に合わなくなっちゃうから』

犬塚『そ・・・そうだな』

ジュリ男『満足・・・した?』




IMG_20180610_120051.png




ジュリ男の気遣いに、情けなさ・不甲斐なさを感じる犬塚。
せめて、笑顔で見送ることを決意し、二人は駅へ向かうのでした。



ジュリ男『じゃあ・・・帰るね』


犬塚『オウ・・・さっきはありがとな』


ジュリ男『え』


犬塚『オレが寂しそうにしてたから気を遣ってくれたんだろ?オレはもう大丈夫だからさ。また新年ダリア学園で!』






























IMG_20180610_112104.png





ジュリ男『犬塚は・・・もう大丈夫なんだ・・・?私はまだ・・・足りない』




いやあああぁあっぁぁぁぁぁぁsfmくぉlsじゃごい!?


ペルシア可愛いペルシア可愛い
ペルシア可愛いペルシア可愛い
ペルシア可愛いペルシア可愛い


・・・あ(゚o゚;) ハッ


やべ、別の世界行ってた・・・。




ジリリリリ♪と列車の出発を告げる音が鳴り響く。



ジュリ男『行かなきゃ』


犬塚『え』


ジュリ男『今度こそじゃーね。またダリア学園で!』


犬塚『え・・・。えええ~~~待ってくれ~~~!!』




犬塚としてはなんとも言えぬ別れ方で、新年を迎えることになりそうです(笑)


しかし、この二人ならきっと、上手くいくでしょう。


なんと言っても一番の障害となるであろう、犬塚藍瑠を乗り越えたのですから。


きっと・・・これまでの東和国とウエスト公国の歴史ですらも撥ね退けるでしょう。



・・・あれ、何この綺麗なナレーションみたいな終わり方!?

え、オレこんな綺麗な文章書く才能あったなんて・・・。

自分でも驚き桃の木だわ。

なんか文豪的な誰かが乗り移ったよ、これ。



うん、というわけでみなさんいかがでしたか?
今回の『寄宿学校のジュリエット』


浄化・・・されました?


これでマンネリ化した関係に終止符を打てますね。
パートナー大事にしろよ(΄◞ิ౪◟ิ‵)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
『徒然チルドレン』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26733324-1.html

『彼女、お借りします』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26744691-1.html

『五等分の花嫁』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26731082-1.html

『星野、目をつぶって』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26763198-1.html

『寄宿学校のジュリエット』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26794750-1.html


この記事へのコメント

カテゴリ

スポンサーリンク