【マガジン2018 28号『徒然チルドレン』レビュー・ネタバレ~え!ついにあの二人が結ばれた!?~

おいおーい、ようやくかよぉー!?
って、思いつつも『待ってました!』と思った回です。
今週の『徒然チルドレン』!


みなさんも、心待ちにしていたんじゃなかろうか??
そう、今回はあのコンビです!!


出会ったときから、ケンカばかりしていた。
でも、ギターのことなら分かち合えた。


そして、ギターを通して、本当の自分になれた。
そう、今回はあの軽音部のコンビが主人公です。






IMG_20180614_122859.png




柴崎さんは、以前生形くんに告白されたのですが、『音楽にしか興味ない』と意地を張って断ってしまったんですよね。


でも、その後素直に生形くんに会いに行ったのですが、時すでに遅し!


生形くんは、後輩の女の子に告白されていたんですっ!!


その光景を目撃した柴崎さんは、身を引いてそれ以来生形くんと話すことがなくなっていったのです。




そして、今回のお話は三学期の終わりの頃のお話。
もうまもなく、卒業式という時期ですね。


ある日、柴崎さんは廊下で生形くんを目にします。
しかし、そこには、告白した後輩の女の子が一緒にいました。


そんな状況では当然話しかけられない柴崎さん。
『生形さんともこのままお別れになるのでしょうか』と悩んでしまいます。


そんな彼女を見かねて、友達の佐野京子ちゃんがいつものように、世話を焼きます。



佐野さん『絵里香、生形と最近なんかあった?』


柴崎さん『は、はい?何かって何ですの・・・?』


佐野さん『さっき向こうもシカトしたし、ケンカでもしたのかなって』


柴崎さん『ケンカなんてしてませんわ!?それにあちらにはお、おん・・・お彼女がいるみたいですし??私みたいなブスが邪魔しては悪いでしょう??』


佐野さん『たまってんな( ´゚д゚)』



佐野さんはやはり鋭いな。
個人的にこの佐野さんの恋愛模様も見たいところだな。

この人には浮わついた話ないもんな。
にしても、『お彼女』・・・か(笑)

新しい尊敬語・・・だ(☆∀☆)




さて、気にしてない素振りをしてもやはり生形くんのことが気になる柴崎さん。


(あの時もっと素直にしていれば・・・)


そう心のなかで後悔していると、佐野さんから、



佐野さん『ところであの仮面、どうすんの?』



と、聞かれます。
あの仮面といえば、そう『キツネ』のようなミス・ワビサビのアイデンティティーともいうべき、あの仮面ですね。


柴崎さんの自分の仮面を手に取り、今までのことを思い返します。




(その仮面のおかげで、やりたいこともでき、なりたい自分になれた)



(しかし、本当の自分になるための仮面だったのに、いつしか自分の本音を隠すための道具になってしまっていた)



(もう一度生形さんと一緒にロックがしたい)



(もう一度、生形さんに会いたい)





彼女がそう願ったとき、隣の部室から『ジャカジャーン』と聞きなれた音が聞こえました。


もちろん、その音を奏でていたのは、




IMG_20180614_123021.png





そう、生形くんでした。




生形くん『柴崎・・・お前は本当、俺がギターを弾くと現れるな・・・?』


柴崎さん『う、生形さんこそ部室はもう後輩の場所でしょう?』


生形くん『ああ・・・でも最後だから譲ってもらった』


柴崎さん『そうですわね・・・ここを使えるのももう最後・・・』


生形くん『違う。お前と会えんのが最後になるからだよ』






どうやら、生形くんは春から専門学校に行き、プロのミュージシャンを目指すようです。

それゆえ、柴崎さんに会えるのは今だけ。

生形くんは、お別れの言葉を伝えるために、部室に来ていたのでしょう。




ですが・・・柴崎さんはそんな言葉なんて聞きたくありません。
意を決して、この言葉を生形くんに伝えます。



























IMG_20180614_123039.png






そして・・・




























IMG_20180614_123053.png






はわわわわ。



はわわわわわわわわわわ!?





生形くん『あの子には悪かったけど、お守りはもう返した』










IMG_20180614_123121.png






柴崎さん『(´;д;`)』




生形くん『それにやっぱ仮面ないほうがかわいいわ』


柴崎さん『ちょ・・・なんですの!?いつもブスとか言うくせに・・・』


生形くん『言っとくけどな、俺はお前のこと顔で選んだんだからな』


柴崎さん『・・・(。・´д`・。)バカじゃないですの!』


生形くん『はあ?ほめてんだろ??』


柴崎さん『そんな褒め方ありませんわ!』


生形くん『うるせーブス!!』


柴崎さん『ファーーー』






生形くんと、柴崎さんは素顔のままのお付き合いがようやくできるようになったのです。
おしまい。




ぶわあー(`;ω;´)
やっと、やっと結ばれたのだねー!!


もうどっちもどっちで素直じゃないんだからぁ!!


でも、まさか前回の話で生形くんから告白するとは思わなかったなぁ。


女の子からしたら、『お前にしか興味ない』なんて言われたら嬉しいんだろうな。
(ただし、イケメンに限る)



それにしても、ここまでくるのに色んなことありましたよねー。


生形くんが仮面持って柴崎さん振り回してたり、柴崎さんが生形くんを小バカにしたり。


文化祭編は、本当に感動してオジサン泣いちゃったからなあ。



ホント、生形くんと柴崎さん。
おめでとう。


(パチッ・・・パチパチパチパチ)


おめでとう。

 
(パチッ・・・パチパチパチパチ)


おめでとう。
おめでとう。
おめでとう。


(パチッ・・・パチパチパチパチ)



・・・この下りがなんなのか、知っている人は知っている。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
『徒然チルドレン』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26733324-1.html

『彼女、お借りします』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26744691-1.html

『五等分の花嫁』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26731082-1.html

『星野、目をつぶって』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26763198-1.html

『寄宿学校のジュリエット』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26794750-1.html





この記事へのコメント

  • さぱ

    ありがとうございます、ありがとうございますー!
    待ってました(´;ω;`)ブワッ

    最高ですね!

    ただ、この数週間、待ちに待ちかねて妄想が止まらず
    カップルたちの卒業後を想像しまくっていたのですが

    あー、生形は手早いんだろうな
    と思っていたところ
    仮面投げるところみて
    やっぱり、はえーな
    と思いました(笑)
    すでにキスは一度済んでましたけども(笑)

    そして勝手ながら、1番将来がはっきり浮かぶのは空手カップルかな、と…
    身長も先輩を超え、体格も良くなり、先輩並みに強くなる…
    十年後ふたりで道場の経営をしている姿が浮かんでます(笑)

    長々妄想すいません(^o^;
    2018年06月14日 19:04
  • めそまね

    さばさん、こんばんは。
    コメントありがとうございます(^v^)

    妄想サイコーですよ、ふふふ。
    もう、妄想してなんぼですよ、この世界。

    なんか後日談とかあっても良いですけど、そこは読者の想像にお任せみたいな感じでも良いかもですね!

    いや、あったらあったで、すぐポチっと購入しちゃいますけど!

    終わって欲しくないですね~徒然チルドレン(/_;)

    >さぱさん
    >
    >ありがとうございます、ありがとうございますー!
    >待ってました(´;ω;`)ブワッ
    >
    >最高ですね!
    >
    >ただ、この数週間、待ちに待ちかねて妄想が止まらず
    >カップルたちの卒業後を想像しまくっていたのですが
    >
    >あー、生形は手早いんだろうな
    >と思っていたところ
    >仮面投げるところみて
    >やっぱり、はえーな
    >と思いました(笑)
    >すでにキスは一度済んでましたけども(笑)
    >
    >そして勝手ながら、1番将来がはっきり浮かぶのは空手カップルかな、と…
    >身長も先輩を超え、体格も良くなり、先輩並みに強くなる…
    >十年後ふたりで道場の経営をしている姿が浮かんでます(笑)
    >
    >長々妄想すいません(^o^;
    2018年06月17日 22:07

カテゴリ

スポンサーリンク