【マガジン2018 32号『星野、目をつぶって』レビュー・ネタバレ~最終回!!まさかのエンディングに驚愕!~

・・・さて、『星野、目をつぶって』なんと最終回です。


正直、嘘やろ・・・!?と思ってましたが、大マジでした。


『徒然チルドレン』に引き続き、『星野、目をつぶって』まで!?




と、正直がっかりモードのめそまね・・・。


ああ、だから最近仕事に身が入らないんだな、と納得。


元々、仕事なんかやってられっかよ状態だけどね♪


仕事なんてクソくらえですね。




管理人のどうでもE仕事観はともかく、まずは告知!!


『星野、目をつぶって』単行本12巻は7月17日発売中!!


そして、最終巻13巻は、9月14日に発売予定!!


単行本ならではのプチ情報やマニアにはたまらないトリビアがある・・・かも!!





それでは、マガジン『星野、目をつぶって』最終回ネタバレ・レビューやってきましょうか。


あのトラブル続きの『粧歩祭』から数カ月が経ち、新しい季節がやってきました。


小早川、星野はついに3年生へと無事?進級したのですが・・・?
























IMG_20180713_221115.png






悪魔のいたずらなのか、小早川は誰一人として知ってるやつがいないクラスに配属されます!!


先生、鬼畜ぅ鬼畜ぅ!!


でも、あるあるといえば、あるあるだよね!!



めそまねも・・・、


『ちょ、ちょ、ええ!?お前もあっち!?え!?お前も!?』


という感じで、3年になってから良く分からんクラス替えにより、仲の良い友人とは離れ離れ。


しばらくボッチ生活が続きましたとさ・・・。(ぐすん・・・)




西村『ってかさァ!僕思うわけ!3年生のクラス替えいりますかってェ!』


西村『いらなァい!どうせすぐに受験だなんだで学校どころじゃなくなるんだからさァ!慣れ親しんだクラスのまま進級でいいじゃない!ねぇ!?』



小早川『西村・・・お前7組だろ。そろそろHR始まんぞ。帰れよ』


西村『っかあ~~っ!これだ!親友がはるばる会いに来て・・・ぺらぺらぺらぺら』


小早川『うるっせえ!!!帰れ!!』




西村くんは小早川にそう言われ、プンスカプンスカと足早にクラスを後にしました。


おいおい、小早川くん?


『親友』の西村くんをもっと大事にしたまえよ?


君にわざわざ会いに来てくれたんだぜ?


お互い友達いないから・・・(ぐすん)




ちなみに、小早川は3年3組で、西村くんは7組だってね。(結構遠い)






どうやら、小早川はやや緊張している様子。


小早川の話では、春休みの間『粧歩祭』のゴールできなかったペナルティで強制ボランティアをさせられていたそう。


そして、その時から人と会っていないようで(もちろん星野とも)、久しぶりの感覚に戸惑っているようです。




ああ分かるわ、ずっと引きこもってると、話し方忘れるよね(笑)



『え、あれ。俺、今なんて言えばいいんだっけ・・・あれ?』と言う感じになったり。


『(おはよーと声をかけられ)あ・・・う・・・おは・・・う・・・』という感じになったり。


・・・俺コミュ障すぐる!!!




まあ、それはさておき。


小早川が教室で待っていると、先生が入ってきました。


どうやらHRが始まるようで、それにともなって『自己紹介』の時間が設けられました!!


『ここだ!!』と思った小早川は、『バッチリ自己紹介してやんよ』と意気込みます。


























IMG_20180713_221257.png



ダメでしたーーー。







うおい!!小早川!!


お前、もっと熱くなれよぉ!!


でも、周りのやつらちゃんと拍手してるっ!!良いヤツら!!


しかも、『パチッ・・・』とか途切れずに、『パチパチパチパチパチ』って・・・。


重ねて言うけど、このクラス・・・良いクラス!!





・・・ただ、印象に残らない自己紹介と、積極的に関わっていかない姿勢が災いし、早速クラスでボッチになる小早川。


なんとか勇気を出して、話しかけようと席を立つが・・・。



小早川『んっんん!!~~~~~~っ!!』



と、背伸びをする真似をするだけに終わってしまう・・・。
(いくじなし!!)



そして、小早川は一人になれて、かつ静かな所で昼ご飯を食べようとある場所へ移動します・・・。



その時でした・・・っ!!





どっわははは



あははははは



女の子『何よ!そんなに笑わなくてもいいじゃん!!落としてくるよ!もう!!』




IMG_20180713_221737.png




おやまあ、これはこれは榊莉穂ちゃんと、北大路雪姫ちゃんじゃないですか。


ってことは、一緒にいるのは・・・。


























IMG_20180713_221437.png




やっぱり星野だ~~~。



そう、彼女は自力でメイクをして、学校にきていたのです。


そして、学校内でメイクを落とし、すっぴんも見せています。


でも、莉穂や雪姫はもちろん、他の周りの人は何も気にしていません。


星野も、堂々と笑顔で周りと接しています。




小早川『・・・・・・。・・・だよな』




小早川はそのまま回れ右をして、今来た道を引き返します!!


星野が、新たな道を一生懸命進んでいるのを見て、小早川も決意したのでしょう。






変わらなければ・・・と。








その瞬間!!


























IMG_20180713_221627.png





振り返った瞬間突然、誰かにぶつかってしまいます!!



小早川『あっっわ・・・あ・・・す・・・すみませ・・・』



男の子『あっ・・・いやっ・・・こっちこそ・・・。・・・って』
























男の子『なんだ小早川か。ひょっとしてお前も・・・便所で飯・・・?』



小早川『・・・!?・・・?・・・?』



男の子『誰!?って顔すんなよ!!同じクラスだろ!今年も!去年も!!』







どうやら小早川がぶつかったのは、去年同じクラスだった男の子。


しかし、小早川は無頓着男なので、彼が同じクラスだったことは全く気づいていなかったようです。






小早川『てか・・・便所飯・・・?』



男の子『勘違いすんなよ!友達いねーわけじゃねえから!!』



小早川『!!』



男の子『2年の時のツレがもう他のクラスで別のグループ作っちまって・・・一緒に飯食う奴がいねーだけだから!』



小早川『・・・。あ・・・お・・・俺・・・も・・・!寂しくて・・・』



男の子『・・・』





キーンコーンカーンコーン♪



小早川『あっ!!?』



男の子『嘘っ!?もう昼休み終わり!?マジかよ!!ドコで食うか悩んでるだけで終わった!!』



男の子『小早川!』


























IMG_20180713_221540.png








小早川『お・・・う・・・うん!!!』




小早川は、以前の小早川とは違いました。


ちゃんと自分が『寂しい』と言った。


自分から、心を開いて、歩み寄った。


そして、新しい『友』を手に入れることができた・・・。


彼は、『星野』のおかげで変われたのでした・・・。





小早川は、その後一人、美術室へと足を運びます。


そして、筆を手に取り、真っ白なキャンバスに描きはじめるのでした・・・。




おしまい。




いや~~~完結ですね・・・。


うん・・・うん・・・。


まあ、正直なところ色んなところが気になる終わり方!!




でも、おそらくだけど。


永椎先生のことだから、読者に想像させようとしてくれたのかもしれません。



今後、小早川が星野とどうなるのか。


今後、小早川がどういう道を歩むのか。


今後、松方、加納、高橋、莉穂、その他もろもろがどんな進路をたどるのか。




それは、きっと人生と同じで・・・。


どうなるのかは、分からない・・・。


答えは無限にある・・・ということでしょうか。




思えば、この『星野、目をつぶって』


自分と重なるところもあり、非常に感情移入してしまった作品です。


小早川のこと、星野のことをまるで自分のこととして捉え、その成長していく様子に感動したものです。




やはり、この漫画のキモとなるのは、キャラクターの『成長』


どの登場人物もしかり。


小早川という一人の人間を介しながら、みんな成長してきましたよね。


すくすくと育ってきた皆であれば、今後も未来もきっと明るいものでしょうね。






・・・とはいえ!!


後日談みたいなもん!!


見たい!!!!!!!




永椎先生・・・。


続きが・・・見たいです・・・。


1回で良いから!!


先っちょだけでいいから!!(オイ!)


後日談・・・見たいぃぃぃぃ~~~。





はい。


・・・本当に、本当に楽しませていただきました。


『星野、目をつぶって』


これにて、ネタバレ・レビューは終了となります。


皆さま、ありがとうございました・・・。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
『徒然チルドレン』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26733324-1.html

『彼女、お借りします』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26744691-1.html

『五等分の花嫁』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26731082-1.html

『星野、目をつぶって』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26763198-1.html

『寄宿学校のジュリエット』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26794750-1.html




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

星野、目をつぶって。 全巻(1〜11巻)セット / 永椎晃平
価格:5105円(税込、送料別) (2018/7/13時点)




この記事へのコメント

カテゴリ

スポンサーリンク