【マガジン2018 33号『This Man』レビュー・ネタバレ~アマちゃんと星子ちゃんに救いはないの・・・?~

8月17日!!


みなさん、何の日か知っていますか・・・?


もちろん知ってるよなァ!!!


あ?知らないだとぉ!!!


こんの、オタンコナスがァ!!







『This Man その顔を見た者には死を』第1巻の発売日だろうがァ!!!







・・・原作者様の花林ソラ先生のツイッターを見ましたが、単行本の表紙が完全に『ホラー』


ディスマンがにたぁ~と笑いながらこちらを見ています(こっちみんなwww)


おそらく夜中にこの漫画の表紙を表にして、寝れません(笑)


こっそり裏返してアマちゃんと星子ちゃんを眺めましょう(笑)





では、今回もマガジン『『This Man』ネタバレ・レビューやってきましょう。


とりま、前回のあらすじから。




前回、陣内はディスマンの魔の手にかかり、ナイフで滅多刺しにされる!!


だが、陣内は犯人の『皮膚片』を手がかりとして残していた。


警察はもちろん、その『皮膚片』をDNA鑑定にかける!!


だが、その鑑定の結果、天野斗巡査はなんと!!!


全国指名手配の凶悪犯として、世間に知らされることになったのです!!!






では、本編に参りましょう。




陣内が殺された『小竹山の事件』から数日のこと。


黒瀬警部は、天野斗にコンタクトを取ることにしました。




黒瀬警部『アマちゃんか?』


天野『黒瀬・・・警部』


黒瀬警部『大丈夫か?アマちゃん』


天野『僕の親友の1人が小竹山で殺された11人の中にいました・・・。僕が・・・事件に巻き込んだせいです・・・僕がっ・・・』


黒瀬警部『・・・』


天野『・・・黒瀬警部?』
























黒瀬警部『犯人のDNAが出た



先述した通り、陣内の爪の中に犯人の『皮膚片』が残されていた。


それを聞いた、天野はすぐに『そのDNAが誰と一致したのか』を問い詰めます!!!


























黒瀬警部『お前さんだよ。犯人のDNAはアマちゃん、お前さんと一致した












IMG_20180812_223048.png



天野『何か・・・の・・・間違いです・・・』



天野によれば、陣内に引っかかれた覚えもなく、そんな傷もないと黒瀬警部に伝えます。


だが、警察もそれだけで判断するような愚かな組織ではない。


殺害現場付近に残された『線条痕』も天野の銃と一致したようである。


つまり、状況証拠が揃っているのである。


天野斗が犯人である、と。




天野『警部は・・・?黒瀬警部は僕が犯人だって思ってますか・・・?』


黒瀬警部『・・・。あのな、俺が疑ってたらそもそもこんな電話は・・・』


天野『この電話が罠の可能性もある・・・』


黒瀬警部『落ち着け、まずは話を・・・』


天野『落ち着けませんよ!!!』





天野は、もう警察官2人に銃で殺されかけている。


それゆえ、黒瀬警部であろうと、疑ってかからなくてはならない状況にある。


これ以上警察と関わるのは危険だと判断した天野は、電話を切り、持っていたスマホを洗面台にぼちゃんと投げ入れた。




・・・え?


スマホ、壊さなくても良くない?


あ、GPSか・・・。


あれ、個人携帯?警察から支給された携帯?


ま、まあいいか。




ともかく、天野にとっては非常に良くない状況ですね。


頼るべき警察は完全に敵、そして社会からは追われる立場になってしまった。


だが、DNA鑑定が解せぬ・・・。


果たしてDNA鑑定は正しかったのか、それとも偽装だったのか。





考えられる事象は2つ。



1つは、警察がグルで『皮膚片』を天野斗のものだと意図的に断定したか。


2つ目は、鑑定結果が正しく、誰かが陣内の爪の中に天野の『皮膚片』を入れたか。




天野は、考えます。


僕の『皮膚片』なんて入手できる人間なんているのか・・・と。


まさか・・・!!!


天野は考えたくない1つの推測に一瞬放心する!!



















IMG_20180812_222842.png





天野(玲愛!!!!




・・・誰も信じられなくなった天野は、冷静さを欠いてしまったのか。




IMG_20180812_222903.png












IMG_20180812_222937.png




星子の腕を引っ張り、ホテルを出ようとします。



だが・・・!!!



その時でした・・・。






突如、二人の横に大きな黒い車が停車するや否や!!!




























IMG_20180812_222916.png



天野と星子はその車に押し込まれ、どこかへ連れ去られてしまうのでした・・・!!!


おしまし。





ええええ!!


ちょ、ちょっと、ちょっとちょっとちょっと!!


救いはないのかい!!




もう一難去ってまた一難。


ディスマンに追われ、星子を保護しようとする不良に捕まり、親友に一度裏切られ。


その親友がディスマンに殺され、自分はその罪を着せられ、全国指名手配犯。


と思ったら、今度は黒服のやつらに拉致かよ!!!




めそまねなら、完全に絶望するわ。


『あ・・・詰んだ・・・、詰んだコレ・・・』


って思って、『ディスマン怖いお、ディスマン怖いお』っておびえながら暮らすよ多分。


んで、耐えきれず自首するも、そこにはディスマンが居て、ヤラレルと。




・・・みなさんもディスマンにはお気を付け下さい・・・。


いひひ。


あ、単行本8月17日ですからね。


ひひひ。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
『徒然チルドレン』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26733324-1.html

『彼女、お借りします』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26744691-1.html

『五等分の花嫁』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26731082-1.html

『星野、目をつぶって』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26763198-1.html

『寄宿学校のジュリエット』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26794750-1.html

『This Man』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/article/460632541.html






この記事へのコメント

カテゴリ

スポンサーリンク