【マガジン2018 38号『五等分の花嫁』レビュー・ネタバレ~完全に予想外!!一花の温めていた事とは!?~】

いや~今回の『五等分の花嫁』ですけどねぇ~。



完全に『予想外』でしたよ、展開が。



大胆なこと考えるJKだなって思いました(笑)





私はツイッターのフォローした方に、『クリスマスイブだからなんかサプライズでもするんじゃないですか?』って返答したけど、



全く斜め上を行ってましたね。



まあ、サプライズではありましたが・・・!!





では、合併号で先週なかったので大変心待ちにしていたマガジン『五等分の花嫁』ネタバレ・レビューやってきますね。




さて、まずは前回のあらすじ。





五つ子たちは、風太郎が家庭教師の契約を自分で解除したと江端さんに聞かされました。



納得のいかない五つ子たちは、一花の提案である作戦を実行に移すことに!



そして、月日が経ち、時は12月24日クリスマスイブ。



クリスマスケーキ販売のバイトをしていた風太郎に、五つ子の一人、五月は声をかけたのでした。







では、本編。




風太郎『ケーキご注文のお客様』



四葉『わー本当に働いてる!』



一花『クリスマスだってのに偉いねー』





風太郎は出来あがったケーキを届けるために、五つ子の座っているテーブルにケーキを持っていきました。



が、その時五月から『すみません、やっぱり家に届けてほしいのですが?』と依頼されます。



しかし、その店は配達までは対応していないため、風太郎は断ります。





風太郎『店長ー!!やばい客がいまーす!!』



店長『もう店も閉める。こっちはもういいから最後に行ってあげなよ』



風太郎『はぁ!?店長!そんなこと・・・』



店長『上杉君。メリークリスマス(◎´▽`)b





店長の”粋”な計らいで、風太郎は五つ子の家まで『ケーキ』を届けることになりました。



店長、ファインプレー( ・ㅂ・)و ̑̑グッ






というわけで、風太郎は五つ子たちと共に家までついて行くことになったのです。



しばらく歩くと、風太郎はあることに気づきます。






風太郎『おい、お前らの家はこの道じゃないだろ』



五つ子『違うよーこっちこっち』



風太郎(こいつらわざと遠回りを・・・)あのさ・・・黙って辞めたことは悪かった。だが、もう俺は家庭教師には戻れねぇ』



五月『・・・見てください』






そう言って五月はある紙を風太郎に差し出しました。



それは・・・っ!?






















IMG_20180823_222151.png




新しい家庭教師の『履歴書』でした。



なんだこのファンキーなオヤジは・・・?



こんな怪しさプンプン丸のオヤジが風太郎の代わり・・・だと・・・?



認めん、認めんぞぉ!!






しかし、風太郎は自分を無理やり納得させようとします。



優秀そうな人で良かった、この人なら赤点回避まで導いてくれるはずだ、と。






二乃『いいの?このまま次の人に任せて私たちを見捨てんの?』






二乃は風太郎にそう尋ねます。



ですが、それでも風太郎は結果を満足に残せなかったことを理由に、気持ちを抑えてしまいます。





しかし、二乃は諦めず続けて風太郎に自分の気持ちをぶつけます!!



あんたはずっと身勝手だったわ。



そのせいでしたくもない勉強させられて。



必死に暗記して公式覚えて。



でも問題解けたら嬉しくなっちゃって。



ここまでこれたのは全部あんたのせい。



最後まで身勝手でいなさいよ。



謙虚なあんたなんて気持ち悪いわ。





と。




二乃可愛いよ二乃。



もうネットでは確実に二乃の株が急上昇し、ファンが今もなお激増しているであろう。



まあ、未だに人気1位は『三玖』だと思うけど。



正直、ランクなんかつけれませんけどぉ。



みんな大好きや、風太郎も、らいはも、風太郎の父ちゃんも、あと江端さんも。






さて、二乃にここまで言われても風太郎は『戻ることはできない』と返答します。



中野家に入ることさえ、禁止されているのだからと。





一花『それが理由?



風太郎『ああ、早く行こうぜ』



一花『もういいよ』



風太郎『え?』



一花『ケーキ配達ご苦労様』



風太郎『いやまだ・・・』



一花『ここだよ』





ファッ!?



え・・・ウソ・・・だろ・・・?



ま、まさか・・・?



























IMG_20180823_222227.png





なん・・・だと・・・?





どうやら、一花の稼ぎも一定以上あるので、目の前にある家を『借りた』ようです。



そしてすでに父親にもそれを明かしているらしい・・・。






一花『今日から私たちはここで暮らす。これで障害は無くなったね』



風太郎『嘘だろ・・・たった・・・それだけのために・・・あの家を手放したのか・・・?』






そう、五つ子たちは常人では考えもつかない行動に出たのでした。



あの豪邸を・・・何もかも揃ったあの豪邸を手放し、風太郎に家庭教師をしてもらうため”だけ”に。



これからハーレムうはうは生活が始まるわけですね、分かります。






風太郎『馬鹿か!今すぐ前の家に戻れ!こんなの間違ってる。このままあの家で新しい家庭教師雇えば・・・』



四葉『言いましたよね。大切なのはどこにいるかではなく』

























IMG_20180823_222307.png




およよよよ!!!マンションのカードキーがぁ!!!



ヨコセヨ!!!ヨコセヨ!!!アメリカ大型デパートヨコセヨ!!!!



もうカードキー俺にくれ。






さて、あまりのショックに上を見上げていた風太郎は、足元が滑ってしまい・・・!!!



なんと真冬の川へドボン!!!



すると・・・その時!!!!!!






























IMG_20180823_222802.png




五つ子全員が風太郎を助けるべく、川へとび込んだのです!!!




三玖『フータロー大丈夫!?』



五月『ぜ、全員で飛び込んでどうするんですか?って寒ーッ!』



風太郎『お前ら・・・』



三玖『たった2回で諦めないでほしい・・・今度こそ私たちはできる。フータローとならできるよ』






『成功は失敗の先にある』でしょ?






おおおおおおおおおおお!!!



三玖、やはり嫁候補第1位!!



やはり真のヒロインは三玖なのであろうか。








さて、三玖が風太郎に猛アタックしている中。



なんと麗奈からもらった『京都のお守り』が流されていることに気づく風太郎。



しかし、一方で寒すぎて身体が動かず溺れてしまっている二乃。






風太郎は、二乃を捕まえどうにか岸へと上がることができました。


(お守りは『あばよ』していきました)





風太郎『・・・無茶苦茶だ、お前ら後先考えて行動しやがれ。これだから馬鹿は困る』



風太郎『なんだかお前らに配慮するのも馬鹿らしくなってきた。俺もやりたいようにやらせてもらう』





風太郎は、そう言って新しい家庭教師の履歴書を破り捨てました。



五つ子と風太郎は再び『生徒』と『教師』の関係に戻ることができたのでした。



(二乃は、風太郎に助けられ、胸がドキドキ。惚れましたねこれは)





だが、これで一件落着・・・とまではいきませんでした。



ついに、あのラスボスが登場することになるのです。



そう、あの中野家を統括している人物・・・。







IMG_20180823_222455.png







中野家、父がっ!!




新たな新居で生活が始まる五つ子。


再び、家庭教師をすることになった風太郎。


そして、初めて顔出しした手強い強敵?中野パパン。




果たしてこれからどんなことが起こるのか。


これからも目が離せませぬ。


では、また来週( ゚_ゝ゚)ノ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
『徒然チルドレン』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26733324-1.html

『彼女、お借りします』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26744691-1.html

『五等分の花嫁』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26731082-1.html

『星野、目をつぶって』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26763198-1.html

『寄宿学校のジュリエット』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26794750-1.html

『This Man』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/article/460632541.html






この記事へのコメント

カテゴリ

スポンサーリンク