【マガジン2018 44号『寄宿学校のジュリエット』レビュー・ネタバレ~あらまあ、なにこのキレイなピュア塚?~

お付き合いすると、やたらと『記念日』というのが発生しますよね。



この『記念日』のお祝いを怠ると、女性から大ブーイングくらいますよね。



忘れちゃいけない大切なことランキング第2位くらいですね、『記念日』は。






ちなみに、めそまねは『記念日』を事細かに大切にしていて、3ヶ月ごとにプレゼントやってました。



そして、ふつーにフラれました。



・・・何が正解なの( ノД`)





まあ、とにかく『記念日』は大事にしましょうね。



説得力ないけど(笑)





んじゃ、今回もマガジン『寄宿学校のジュリエット』ネタバレ・レビューやってきましょうか。



今回の回は先週からの続きではないので、あらすじは割愛しやす。(怠慢)



では、本編。





さて、犬塚とペルシアはいつもの通り、秘密裏に会って話しています。



どうやら、間もなく付き合って一周年のようで、犬塚は興奮気味。



ペルシアは、若干覚めた感じで『へえ・・・もうそんな経つのね』とのこと。



相変わらずの乙女な『女々塚』で可愛いな。






犬塚は、ペルシアの薄いリアクションに驚愕しつつも、『明日記念日を盛大に祝うから』と約束を取り付けました。



なんだかんだ言って別れ際嬉しそうな顔をしていたペルシア。



『素直じゃねえな』と思いつつ、犬塚がニヤニヤしていると・・・??






『ミー・・・』





と、何かの鳴き声がっ!!





その鳴き声の正体は・・・??

















IMG_20181006_221255.png




ネコ!!



ネコ!!ネコ!!(フジ風)







犬塚『流されてんじゃねーか!待ってろ、今助けてやる!』








IMG_20181006_220933.png





犬塚あぁぁぁぁぁぁぁ!!!!



顔、顔ぉぉぉぉぉ!!!!(笑)



てか、そうか『カナヅチ』だったっけね、犬塚。





そして、湖の奥底へと沈んでいく犬塚・・・。



あ、ちなみに、ネコは犬塚の頭の上を足蹴に陸地にたどり着きました(笑)



良かったね、ぬこ。



犬塚は・・・沈んでいきました・・・(;゜∀゜)







そして・・・






蓮季『犬塚!!溺れたって・・・大丈夫か!?』



晃葵『姉ちゃん』



朱奈『蓮季・・・様・・・』



晃葵『オレが湖から引き上げた時は危ない状態だったけど、さっき目を覚ました』



蓮季『そうか無事なんだな!?よかった!!ありがと、晃葵!!』



晃葵『無事・・・かどうかは自分で確かめてみろよ・・・





え?無事じゃないんですか?



そんなまさか、何か後遺症が・・・?

























IMG_20181006_221018.png




誰だ!?誰だ!?誰だーーー!?



なだこのキレイな犬塚はぁぁぁ!?



すごい『露壬雄』って名前が似合う(笑)





はい、もう大体察しがつきますね。



これ、犬塚くん、『記憶喪失』です、はい。



死に直面し、脳がショック状態になり、記憶を忘却することは稀にあるらしいです。



ちなみに、記憶が元に戻るかは、微妙。



何か1つでも思い出せれば、もしかしたら記憶が取り戻せる可能性もあるみたいですが・・・。





記憶がない犬塚は、まさに『ピュア塚』



小鳥としゃべったり、女子に天然ジゴロったり、完全にキレイなジ⚫️イアンです。






さすがに、このままの犬塚を放っておけない蓮季は、犬塚の部屋に連れていこうとします。





朱奈『狛井蓮季!貴様・・・この機に露壬雄様を籠絡する気だな!?そうはさせない!』



晃葵『犬塚てめー!!記憶喪失のフリして姉ちゃんに甘えようって算段か!?ぶっ飛ばす!!』



朱奈・晃葵『ん?』



朱奈『露壬雄様を攻撃する気ですか!?いくら晃葵君でも許しませんよ!?』



晃葵『そっちこそ!姉ちゃんに危害を加える奴は誰だろーと許さねぇ!!』






・・・二人は蓮季と犬塚を取り合ってドンパチやらかしてます。



保健室で。



めんどくさくなって来たので、蓮季は犬塚を連れて『黒犬の寮』の犬塚の部屋に連れていきました。






そして、黒犬の寮に着いた二人。



しかし、まだ犬塚は何も思い出せない様子。



すると、上の階からあの3バカトリオがやってきました。






丸流は、『お前はオレのパシリだったんだ』とここぞとばかりにからかうのですが・・・。



ピュア塚には、全く効果がなく、むしろ丸流が逆に照れちゃって、攻略されます(笑)



丸流かわいいよ、丸流。






そして、次は胡蝶・手李亞ペア。



胡蝶もここぞとばかりに『手李亞は彼女だ』とホラを吹きます(笑)



さすがに、これは聞いたのか、犬塚は『ボクはロリコンだったのか』とショックを受けます(笑)



しかし、記憶は全く戻らない様子。






そして、ようやく犬塚の部屋にたどり着きました。



しかし、犬塚は見覚えがない様子。






犬塚『ボクの心配はいらない。君も疲れただろ。あとは一人でなんとかしてみるさ!(^ー^)』



蓮季『・・・。ウソだゾ』



犬塚『え・・・』



蓮季『辛くても人前で平気なフリするとこ・・・記憶をなくしても犬塚は変わらないなぁ







蓮季『平気なフリなんて・・・そんなの表情で分かるゾ。不安でもいいじゃないか』



蓮季『記憶を失っているんだ。誰だって怖くて当然だゾ。今更蓮季の前でかっこつけなくたっていいゾ』



犬塚『どうしてそんなにボクの事が分かるんだい?君は一体・・・』





IMG_20181006_221108.png




犬塚『!!』



蓮季『じゃあ今日はもうゆっくり休んで』



犬塚『待ってくれ。さっきの少女に゛彼女゛って言われた時に、1つだけ思い出したんだ』



蓮季『え?』



犬塚『ボクにはすごく大切で・・・大好きな彼女がいたって事・・・』



蓮季『(ズキッ)』








犬塚『でも、誰なのか思い出せなくて・・・それが辛くて怖かった・・・』



蓮季『そ・・・そうだゾ!犬塚には彼女がいてー・・・』



犬塚『でも、やっと気づいたよ・・・何年も一緒にいてくれた・・・』











犬塚『ボクの彼女は、君だったんだね。蓮季さん

























IMG_20181006_221152.png



蓮季『はぁっ?』






はい、ということで今回はここで終了しました(笑)



蓮季にとっては、夢にまでみたシチュエーション。



これは、次回蓮季の葛藤がたくさん見れそうですね~(/▽\)♪



つーか、やっぱ蓮季かわええな~。





はぁ~でもやっぱ正ヒロインは『ペルシア』だからなぁ~。



なんかフクザツ。



蓮季にも幸せになってほしいな~。






つーか、『寄ジュリ』のキャラってみんな良い奴で、みんな魅力的な奴ばっかりだからさ~。



もう、朱奈も晃葵も、アメリアも、シャル姫も、スコットも、丸流もみんなさ。



なんか上手いこと枠に収まって幸せになってほしいな~(笑)



最終回なんて絶対に来ないで欲しいけど、でも後日談とかでみんなの未来が見たいぜ!





さて、では今回はここまで。



では、暴走した犬塚と、葛藤する蓮季のやり取りを妄想しながら、次号を待ってようかなヽ(・∀・)ノ



さいなら。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
『徒然チルドレン』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26733324-1.html

『彼女、お借りします』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26744691-1.html

『五等分の花嫁』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26731082-1.html

『星野、目をつぶって』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26763198-1.html

『寄宿学校のジュリエット』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26794750-1.html

『This Man』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/article/460632541.html





この記事へのコメント

  • 雛語呂卯之助

    多忙の中いつも丁寧な感想考察ありがとうございます。
    今全国的に本の入荷遅延が続いていてこちらは田舎なものですから
    いつも最新話がすぐに見れず(汗)なのでいつも助かっています。感謝です。
    さて今回はロミオとジュリエットの交際1年記念日という事でいろいろありましたが二人は無事に一年を乗り越えようとしていますね。
    ジュリエットは軽く流してましたが彼女は嬉しさを隠していました。
    この二人は普通のカップルとは違いますからやはり記念日とはいえ重みが別格
    さてどのような記念日にするのかなと思いきや猫のピンチに自らの弱点を忘れ
    溺れてしまい(猫は助かって良かったですが)沈むロミオであった・・・
    彼がどうなったのか?それは誰も知らない。しかし皆はまだ知らないこれが
    いずれ人々を騒がせるある大事件のほんの片鱗にすぎない事を・・・・・
    寄宿学校のジュリエット第1部完・・・・とおもしろくない冗談はここまでに
    してロミオは無事晃葵に助けられました。蓮季も朱奈も見守る中でロミオが
    目覚めてからのあの一言と表情に申し訳ないですが(爆笑)でしたね。
    なんと記憶を失ったロミオで皆大騒ぎでしたが丸流すら包み込む生まれ変わったようなロミオもしかしたらロミオがこういった性格だったら白猫との抗争ではなく別の道もあったかもしれないですね。胡蝶先輩は手李亞達をからかってないでなんとかしてあげて(薬学のエキスパートなので)ほしいものですね。
    そして流れからなんと蓮季を自分の大切な彼女と勘違いという1年記念日を
    前に波瀾の展開です。確かに蓮季にとってはジュリエットには申し訳ないですがチャンスでもありますと悪い娘ならそう考えるでしょうが蓮季はその反対
    正々堂々を重んじる娘ですなのでこの状況は彼女にとっても試練でありとても
    辛い葛藤の再来でもあります。せっかく失恋を乗り越えようとしていたのに酷ですね。また今のロミオだと玲音にも軽く誘導されそうで不安ですね。
    そして、この状況を知らないジュリエットは知った時どうするのか?
    この解決の糸口は蓮季の強い心と行動力が鍵になるような気がしてます。
    皆が幸せに同感です。次回も期待。では失礼しました。

    2018年10月07日 15:09
  • めそまね

    >雛語呂卯之助さん

    コメント遅くなりすみません💦

    記憶喪失というマンガにありがちな設定ですが、ペルシアと付き合って一周年というタイミングというのが、金田先生の技ですね。

    まあ、今となっては最新話を見てしまったのであれですが、
    やはりロミオとジュリエットの結束力は強いですね。
    2018年10月26日 05:55

カテゴリ

スポンサーリンク