【マガジン2018 46号『五等分の花嫁』レビュー・ネタバレ~真っ黒ね そういうキミも 素敵だよ(めそまね)~

女同士に友情は・・・ありえる?ありえない?


めそまねの人生30年を振り返ってみると、女同士の友情は・・・ない。


うん、ないわね。


ないわよぉ(´д`|||)




どうせ、表面上は仲良くしといて、後で悪口言うんだわ!!(`□´)


そうよ、そうよ、きっとそうに決まってるわ!(#`皿´)


好きな男が被ったら、略奪するんだわ、きっと!(*`Д´)


・・・と、思わずカマっぽくなってしまっためそまねでした。





さて、今回の『五等分の花嫁』は姉としての立場と、風太郎への恋心とで揺れる一花のお話!



三玖の恋を応援したい。



でも、私も・・・。



だが、期末試験で赤点も回避しなくてはならない。



そんな状況下の一花は一体どうなるのか。




では、今回もマガジン『五等分の花嫁』ネタバレ・レビューやってきますね。






さて、冒頭でもお伝えしたように今回は一花の回です。



1月。



一花は、風太郎たちと勉強のため集まっています。



風太郎が三玖のチョコを食べ過ぎて、鼻血を出した時ですね。






どうやら、風太郎のバイト先のケーキ屋での一件から、風太郎への想いは強くなってしまったようです。



まともに風太郎の顔を直視できないみたいです(かわいっ!!)





それから、2月。



三玖がバレンタインデーにチョコを手作りして、風太郎にあげたかったわけですが。



そこに一花は、『知り合いに料理が得意な人がいる』と言って、二乃を差し向けましたね。



ここでは、三玖を応援しているわけなんですな。






・・・長女としての立場から三玖の恋を応援している一花でしたが。




一花『・・・はぁ・・・』







IMG_20181018_072022.png









風太郎『なんだお前、大丈夫?』



一花『~~~~ッ!!(◎-◎;)』







一花『フータロー君、な、なんで!』



ドンッ!←格子窓に手の甲をぶつけてしまう



一花『・・・っ』



風太郎『なにやってんだ』



一花『やば・・・』←部屋の中で三玖と二乃がチョコ作りをしようとしているので、バレたくない






さて、中野家に風太郎がやってきた理由ですが、どうやら四葉の参考書を取りに来たようです。



しかし、今家に入られてはマズイ!と判断した一花は、『捨てちゃったから今から買いに行こう』と言って、回避!



二人は書店に買いに行くことになりました。






風太郎『お、あったぞ、これだ』



一花(トホホ・・・)



風太郎『結構いい値段だが平気か・・・?』



一花『えっえっと・・・心配しないで。じゃあ買ってくるね』






一花『おや?そっちの本は?』



風太郎『いや・・・これはいい・・・』



一花『!( ゚д゚)ハッ!・・・まさか本当にエッチな本を・・・(゜∇゜)』







IMG_20181018_072149.png







ふむふむ、風太郎はここで本を手に入れたわけだな。



風太郎もなんだかんだ言って努力家で、可愛いよな。



だからこそ、こんな羨ましいハーレム状態でも、皆から応援されるんだろうな~。(かわいっ!)






さて、一花は参考書と合わせて、『良い教師になるためのいろは』も購入したわけですが、やはり金銭的には厳しい様子。



ですが、これでフータロー君が喜んでくれるなら・・・と一花は一瞬考えます。





一花『ってだめだめ。こんな関係間違ってるよ』





IMG_20181018_072715.png




妻の一花可愛いなぁ~。







と、一花が思案している所にふいに『な、中野さん!』と話しかけてきた人物が。



それは、クラスメイトの水澤くんと、谷田部くんでした(誰だよ)






風太郎の引き立て役として出てきた感が半端ないですが、とにかく一花に対して、過度に持ち上げて接します。



その時、一花は手の甲の痛みに気づく。






一花『あ、腫れてる。しまった・・・さっきぶつけた時の・・・』



水澤くん・谷田部くん『(゜ロ゜)』







水澤くん・谷田部くん『だ、大丈夫ですか!?中野さんの美しい御手が!!!』




一花『え、いやあ、これくらい・・・』




水澤くん・谷田部くん『少々お待ちください、今救急車を。この店にお医者さんはいませんかー!




一花『もー大袈裟!わ、私もう行くね。また学校で』







一花は、風太郎の所へ戻りました。



さあ、ここで風太郎が一花の手が腫れてることに気づく!!



こういうとこには、敏感だから女の子もコロッと落ちちゃうんだよな!!(美味しいとこどり!!)







風太郎『手、どうしたんだ?』




一花『これはさっきのアパートで。あ、でもそんなに痛くないから心配しなくても・・・』




風太郎『ふーん』





IMG_20181018_072607.png




風太郎『気をつけろよ』








かぁ~!!



こういうとこ、こういうとこだよ!!(ジゴロめ)



さっきのモブたちとの対比がすごいね!



この一件もあり、さらに一花は風太郎への想いが強くなってしまったんですね。






その帰り、家の前では三玖が待ち構えてました。



例の期末試験で赤点回避かつ、姉妹の中で最高得点をとったら、告白するという話を一花にしました。






一花『い、いいんじゃないかな。それが三玖なりのけじめのつけ方なら』



一花『三玖ならできるよ』







三玖がどんどん変わっていっていることに、焦りを感じてしまった一花。



自分が蒔いた種とはいえ、少し後悔している様子。



だが、それが原動力となったのか。



一花は、どんなに忙しい日も、みんなが寝ている間も、勉強した。






そして、運命の試験結果が発表された。



一花、二乃以外の姉妹、そして風太郎は家に集まって結果を報告しています。



四葉184点、五月224点。



そして、三玖は238点






現状、三玖がトップです。



三玖は風太郎にも誉められ、意を決して自らの想いを伝えようとしま・・・







四葉・五月『よかったー一花も赤点無かったんだ。合計何点だったの?』




一花『えーっとね・・・240点




IMG_20181018_072354.png









四葉『ってことは・・・』



五月『一花が一番じゃないですか』



一花『あ、そうなんだ』























IMG_20181018_072406.png











わ、わっるーぃ!!



わっるい顔ーーー(笑)



でも、一花おめでとう!!





そんなブラックなキミも素敵だよ。



まあ、仕事もやって、寝る間も惜しんでやってたもんね。



一番頑張ったんじゃないでしょうか。





三玖は、今回は残念だったけど次何かしら挽回する機会があるさ!!



あーもう!!



どっちも幸せになる方法ってないのかよ!!






あ・・・まさか・・・。



ハレ婚?



それだ!!!





はぁ~みんな幸せになってくれよぉ~おーいおいおいおい( ;∀;)



はい、じゃ今回はここまで。



また来週。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
『徒然チルドレン』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26733324-1.html

『彼女、お借りします』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26744691-1.html

『五等分の花嫁』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26731082-1.html

『星野、目をつぶって』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26763198-1.html

『寄宿学校のジュリエット』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26794750-1.html

『This Man』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/article/460632541.html







この記事へのコメント

カテゴリ

スポンサーリンク