【マガジン2018 47号『五等分の花嫁』レビュー・ネタバレ~二乃『ほんと、最低、最悪!あと・・・す』~

いやあ~五等分の花嫁・・・絶好調ですね。



テレビアニメは、2019年1月に放送!



キャストも、風太郎と5つ子は確定!



たった6巻で累計100万部突破!!



凄いよなぁ(・・;)





さて、また今回人気投票の結果発表もあったので合わせてご紹介しますね。




第7位・・・前田!68票!(誰だ?って思う人は林間学校編を見てみては?)


第6位・・・上杉風太郎!81票!(おめ!)


第5位・・・中野二乃!1003票!(一気に得票数あがた!)


第4位・・・中野一花!1170票!(3位以内に入ると思ってた)


第3位・・・中野五月!1235票!(ほほぉ・・・なるへそ)


第2位・・・中野四葉!1403票!(四葉は良い子だねんねしな)


そしてぇぇ!!






第1位・・・中野三玖!!!2393票!!(ダントツの1位!やはり!!)






・・・個人的な予想としては、三玖、四葉、一花、五月、二乃の順になるかと思いました。



でも、これだけは確かですね・・・。



・・・みんな、魅力的だ、と。



これからも、『五等分の花嫁』盛り上げていきましょうね( ´∀`)






では、今回もマガジン『五等分の花嫁』ネタバレ・レビューやってきますか。



今回は、試験結果が出てない二乃のお話です!





二乃は、試験勉強をしつつも、風太郎(金太郎)への想いに揺れ動いています。



『こいつのことなんてなんとも思ってない』



『思い出しちゃだめ・・・』



『思い出させないで・・・』



『あいつは私のことなんてなんとも思ってない。だから、あいつにはもう会わない』





二乃は、時間とともにそんな風に思うようになっていきました。



そして、試験結果発表の日。





ここは、風太郎のバイト先のスイーツ店。





四葉『今のところ、一花が一番だね』



一花『いや〰️頑張りました』



五月『本当に・・・お仕事もあるのに凄いです。私はてっきり今回も三玖が一番かと』



一花『!』



三玖『・・・』



一花『 



三玖『一花おめでとう。私もまだまだだね(*^_^*)』





・・・一花の表情を見る限り、一花は三玖を出し抜こうとは思ってはいなかったようですね。



偶然、三玖より点数が高かったんですね。



でも、あの前回のわっるい顔は、読者に一花にも黒い要素あるでーと想像させたかったのかな?



しかし、それにしても三玖の笑顔が怖いし、いたたまれないぜ(-。-;)






さて、残すところは二乃だけなんですが・・・?



すると、風太郎のバイト先の店長が一言。





店長『二つ結びの子なら君たちより先にここに来て、これを置いてったけど



五月『え?試験結果の紙・・・!』



店長『それと後で伝えようと思ってたが、彼女から君(風太郎)に伝言』
























IMG_20181024_073039.png



ぉぉぉぉ!!


二乃!(*゚∀゚)=3二乃!(*゚∀゚)=3


よくやった!!





しかし、『用済み』とは・・・。



相変わらずお口が悪いでごんすねえ。





風太郎『祝賀会は全員参加だ。二乃を連れてくる』



店長『もうすぐバイトの時間だ。これ使っていいよ』



風太郎『(パシッ)どうも(^_^)』




そして、風太郎は二乃を迎えに行きました。









さて、その頃二乃は・・・??










中野パパ『帰ってきたか、二乃君』



二乃『パパ、その君づけムズムズするからやめてって言ってるでしょ』





なんと、中野パパと会っていた!?



一体二乃は何を・・・??



中野パパは、もうすでに全員が赤点回避を達成したことを聞いていたようでした。



提示した条件通り、風太郎を元の家に出入りできるようにし、明日から元の家で住むように二乃に促します。




しかし、二乃は『あいつとは会わない』『もう少し新しい家にいる』と父の提案を拒否。






二乃『自立なんて立派なことしたつもりはない。正しくないのも十分承知の上』



二乃『でも、あの生活が私たちを変えてくれそうな気がする・・・』



二乃『少しだけ前に進めた気がするの。今日はそれだけ伝えに来たの』



中野パパ『理解できないね。前に進むなんて抽象的な言葉になんの説得力も無い』



中野パパ『君たちの新しい家とやらも見させてもらった。僕にはむしろ逆戻りに見えるね』



中野パパ『五年前までを忘れたわけではあるまい。もうあんな暮らしは嫌だろう?』



中野パパ『いい加減わがままは・・・』






その時でした!




ブロロロロ・・・




キイィッ!!











IMG_20181024_213235.png



謎の声『ここにいたか、二乃』



えつ!バイク!?まさか、ここに来て本当の父親登場!?























IMG_20181024_213311.png




って、風太郎かーいΣヽ(゚∀゚;)



お前、免許あったんか・・・。



高校生でバイク乗れるって・・・なんかカッコイイ(*゚∀゚)=3






二乃は、中野パパにプレッシャーをかけられるも、結局風太郎のバイクに乗ることに。



二乃と風太郎は中野パパのもとからさっていきました。



娘さんを頂いていきます』と捨て台詞を残して(笑)



これ、多分風太郎は天然だから、嫌味で言ってない気がする。



でも、この言葉は、父親の神経を逆撫でするには充分すぎた(笑)



中野パパは、完全にぶちギレモードに移行しました。






さて、その頃二乃と風太郎は・・・??





IMG_20181024_213430.png




カップルかよぉぉぉ(・∀・*)!!!



ああ・・・こんなことしてみたい♪しってみたいな〰️♪



腹の肉を落とさないと、でっきないな〰️♪



でっきないな〰️・・・(._.)






ちなみにですが、いっつも満点の風太郎は、459点。



やはり、家庭教師をしながらだったせいなのか、成績は落ちてしまったようです。





二乃『・・・っ、あんた・・・』



風太郎『一生の不覚。マジで恥ずい』



二乃『私たちのせい?』



風太郎『違ぇーよ。そんなこといいから、飛ばすぞ。しっかり掴まってろ』






さて、風太郎の家庭教師のお仕事は、今回で一区切りとなりました。



二乃の言う通り『用済み』ということです。



つまり、風太郎と5つ子達の関係もこれで『終り』ということです。







風太郎『寂しくなるな(ボソッ)



二乃『!!』






二乃『っていうかなんで私だけノーヘルなのよ!』



風太郎『だってお前が行けって言うから・・・』



二乃『危ないじゃない!バイクの死亡率知らないの!?』



風太郎『つーか、ヘルメット一つしかないし』



二乃『はぁ!?あんたのをよこしなさいよ!』



風太郎『わかった!わかった!止めるとこ探すから暴れんな!』



二乃『全く嫌になるわ・・・』



風太郎『・・・』



二乃『あんたは、ずっとそうだったわね。ほんと最低、最悪』



風太郎『・・・』



二乃『あとは・・・そうね』

























IMG_20181024_073020.png




二乃『好きよ








Σ(Д゚;/)/ええええええええええええ!!!!!!



『あとは、そうね、好きよ』



だとぉーーーーー!!!!!!!



こ、これがツンデレの告白ってやつなのか・・・(゜ロ゜;



まあ、多分風で風太郎は聞こえてないかもしれないけど。





もうこうなったら、二乃は止まらんぞ!!



金太郎のときと同じように、デレてデレて、デレまくるんじゃない?



それはそれで、楽しみではある。



・・・今後も目が離せませんな三( ゜∀゜)




では、今回はここまで。



また、来週(  ̄ー ̄)ノ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
『徒然チルドレン』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26733324-1.html

『彼女、お借りします』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26744691-1.html

『五等分の花嫁』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26731082-1.html

『星野、目をつぶって』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26763198-1.html

『寄宿学校のジュリエット』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26794750-1.html

『This Man』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/article/460632541.html

この記事へのコメント

カテゴリ

スポンサーリンク