【マガジン2018 51号『寄宿学校のジュリエット』レビュー・ネタバレ~ついに玲音の秘密が明らかに!?驚愕の真相!!~

マガポケでも、アニメでも『寄宿学校のジュリエット』大人気ですなぁ。



すごいですなぁ。



応援している漫画が大々的に有名になったり、受け入れられたりしてると、嬉しいですなぁ。



まあ、これでマガジンや『寄宿学校のジュリエット』の売れ行きが良くなればいいかなぁ。





ちなみに、最近めそまねは『電子コミックサイト』で不満に思うことがあって。



一度運営元に『クレーム』的なものをいれました。



でも、一向に改善される余地がありませんし、返答も曖昧なものでした。



だから、もうマガジン買う時は『マガポケアプリ』にしようと思いました。



定期購読すると、月額840円で『週刊少年マガジン』が直近7週分読めるそうです。



4週分購入したら1200円ほどになってしまうし、



仮に合併号だとしても、3週分購入したら、900円くらいになるのでお得かな?



詳しくは、『マガポケ』『定期購読』と検索すると出てきます。



いちマガジンファンとしての意見でした。



失礼。






では、今回もマガジン『寄宿学校のジュリエット』ネタバレ・レビューやっていきましょーか。




前回のあらすじから。




前回、黒犬の寮の候補生である、蓮季、玲音、そして犬塚の公約演説がなされました。



どの人物もそれぞれの個性が出ており、もちろん演説に賛同した者も多数いました。



しかし、最も会場を沸かせたのは、なんと犬塚!!



『(いがみ合っているのは)本当に自分の意思か?』



『みんなでもう一度価値観を見直そう』



そんな犬塚の本心から出た素直な言葉に、大勢の生徒が心を動かされたのでした。







では、本編。




選挙公約演説が終わった翌日―――



犬塚がダリア学園を歩いていると、至る所から声をかけられる!






『犬塚!演説かっこよかったよ!』



『お前に票入れるから、校則で携帯持ち込み可にしてくれ~』



『バカだと思ってたけどちゃんと学園の事考えてたんだな』



『黒犬の意見に乗っかるのは癪だが、校則の見直しはいい改革だな』






と、なんと黒犬だけではなく、白犬のモブたちからも賛同を得られている様子!!



どうやら犬塚の公約には賛成多数のようです。



それを証拠に・・・?








IMG_20181123_222333.png





おうふ・・・このカップル・・・おうふ・・・。



初々しくて見てらんねーよ!!



一生やってろ!!このお似合いカップルめ!!



結婚しろ!!







ということで、調査アンケートまで犬塚が1位!!



そして、アビと切迫しているが、実はペルシアも現在1位。



これはカップルで1位独占か!?






・・・しかし、慢心は選挙において禁物。



いつ票が流れるか、分からないからである。






なぜか?






実質、現在犬塚がトップであるが、それには『からくり』がある。




それは・・・!!








IMG_20181123_222401.png








浮動票』の存在である。




どうやら、ペルシア先生の講義によると、選挙における票には2種類あるようです。




一つは今言った『浮動票




もう一つは、『固定票』である。




『固定票』とは、いわゆる『ファン』であり、よっぽどのことがない限り固定された票です。






元々の固定票はこんな感じでした。



玲音・・・30%



蓮季・・・20%



犬塚・・・10%




※つまり固定票だけなら玲音が1位である。





しかし、残りの40%である『浮動票』を犬塚の演説で獲得したことにより、



犬塚は10%+40%の50%の票を獲得し、1位となったのですね。






このまま潤沢に犬塚とペルシアが監督生の代表となり、いがみ合う価値観を変えられれば、



過激派以外の層を味方につけることができるかもしれない。



そうすれば、学園を変える事もできるのである。






しかし、順調にいっているとはいえ、懸念しなければならないのは『玲音』である。



彼女には底知れない白猫への憎悪、そして覚悟が垣間見えている。






油断はならない・・・そう犬塚が思った時でした!!






ドンッ!!






なんと、黒犬の初等部の子どもらしき人物が犬塚の背中にぶつかってしまった。





黒犬ガキんちょ『痛て・・・』



犬塚『コラコラちゃんと前見ろよ、ガキ』



黒犬ガキんちょ『どいて!お姉ちゃんが来ちゃう!



犬塚『はぁ?姉ちゃん?』



謎の声『甲斐!!』








さて、みなさん・・・。



用意はいいですか・・・?



ぐう聖が出てきますよ・・・?
























IMG_20181123_222414.png






グハァ!!(゜o゜)




なにこの、玲音・・・くぁわいすぎるだろ・・・。




ボクっ子からの、方言ムスメ・・・。




金田先生・・・どこまで我らをゆさぶるんですの・・・アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ








犬塚『お・・・お前玲音か?』




玲音『ん!?何犬塚、今忙し・・・』













玲音『犬・・・・・・塚・・・・・・?





サッ・・・





玲音『や・・・やぁ犬塚こんな所で何してるんだよ。ボクに会いに来たのかい?




犬塚『いやいやもう遅いから』








犬塚『えっ何お前普段こんな所帯じみた感じなの!?「ボク」とか「だよ」とか訛りを隠すための口癖だったの!?』




犬塚『急に底が知れた感じになっちゃったな、”ねーね”(笑)』







おーう、煽っていくスタイル全開丸。



これには堪らず、玲音もぶち切れ。



犬塚にタイキックばりの蹴りを尻に一発。



そして、玲音は犬塚を半ば強制的に黒犬の寮の食堂に連行していきました。








どうやら、玲音は『久里』という女の子のために、誕生日パーティを準備していたようです。



それに駆り出されたのが犬塚と、『甲斐』と呼ばれた男の子でした。







犬塚『にしても・・・玲音にこんな幼い弟と妹がいたとはな~』




IMG_20181123_233316.png




なるほど、イトコだったのね。



久里ちゃん可愛い←㌔㍉コン






はい、というわけで無事に誕生パーリーを終えた玲音たち。



そんな中、玲音は犬塚と話があると言って犬塚を寮の庭らしき所に連れ出します。






犬塚『で、話ってなんだよ』



玲音『こないだの演説見事だったよ。”ボクが圧勝する”宣言しちゃったから恥ずかしい限りだ』



犬塚『そんな事かよ』



玲音『でさ、”それも本当に自分達の意思か?”ってどういう意味だい?



犬塚『!』






どうやら玲音ははっきりさせたかったようです。



犬塚が、白猫と和解しようとしているのか。







玲音『黒犬のリーダーをやっていた君は、ボクと同じで白猫が嫌いなんだと思っていた』




玲音『でも、もし違うのなら教えてくれないか?犬塚の・・・正直な気持ちを』




犬塚『!』




犬塚『いつかは・・・正直・・・いがみ合いがなくなればいい・・・と思ってる・・・




犬塚『だっ、だってよ毎日毎日しんどいだろ!?ず~~~っといがみ合ってんのも。分断するよりそうなった方が手っ取り早いし?玲音もさ』


























IMG_20181123_222517.png





((((;゚;Д;゚)))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ




((((;゚;Д;゚)))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ




こ、こわいお・・・((((;゚;Д;゚)))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ







完全に犬塚、タイミングを間違えちゃったね・・・。



そして、玲音の地雷を踏んじゃったね・・・。



にしても・・・なんて・・・目だ・・・。



一体何が彼女をそうせしめているのか。







玲音は『もう二度と話しかけるな』と言い捨て、その場から去って行きました。



その時、ガサっと茂みからわずかな音が。



そこには、玲音のいとこである久里と甲斐がいました。






犬塚は、二人に玲音を怒らせてしまった事を詫びます。



そして、玲音が復学前と復学後でなぜあんなにも変わってしまったのか、尋ねました。



すると、甲斐の口からとんでもない事実が告げられたのです!!!






それは・・・












玲音は・・・


























東和民とウエスト人の『ハーフ』であるということでした。







な、なんだってーーー!!!!




だとしたら、何か『ハーフ』であることにより、迫害を受けたのだろうか・・・。




うぬぬ、なんて深いマンガで・・・あるか。








玲音・・・ますます謎が深まるばかりだ・・・。




でも、『ハーフ』であるということは、お互いの立場に立てるということでもあるのでは・・・。




そう簡単にはわだかまりは溶けないかもしれないけど、玲音が友好の懸け橋になれたら・・・良いですね。






一体、この玲音の存在が学園にどう影響を及ぼしていくのか。



では、今回はここまでにします。



また来週!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
『徒然チルドレン』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26733324-1.html

『彼女、お借りします』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26744691-1.html

『五等分の花嫁』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26731082-1.html

『星野、目をつぶって』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26763198-1.html

『寄宿学校のジュリエット』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26794750-1.html

『This Man』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/article/460632541.html




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

寄宿学校のジュリエット 第2巻(初回限定版)【Blu-ray】 [ 金田陽介 ]
価格:6885円(税込、送料無料) (2018/11/24時点)





この記事へのコメント

  • r・ニッシー

    選挙編では、露壬雄、ジュリエットとともに順調な出だしとなりましたが、まだどうなるか。そして玲音の秘密がわかり、どう展開していくのか、わくわくしています。東和とウェスト両国の血を引く人間がいないわけがないですよね。玲音の過去を知った露壬雄がどうするのか。当然ながらジュリエットにも伝わるでしょうし、玲音をどう救うのか見ものです。ちなみに今回出てきた玲音のいとこである甲斐と九里の二人は第1話で白猫寮にいたずらしてた初等部の子達でした(アニメにも出てました)。今後の話の鍵を握ってるかもしれません。
    2018年11月26日 08:49
  • めそまね

    >r・ニッシーさん

    コメントありがとうございます!
    まさか『玲音』がハーフだとは・・・!!

    と、漫画を読んでいて絶句しましたよ。
    今後のキーマンはやはり『玲音』ですね。

    あと、1話見え返してきましたが、甲斐と久里出てましたね。
    確かにどっかで見たような気がしてましたが、まさか第1話だとは(笑)

    情報ありがとうございます!

    2018年11月27日 22:41

カテゴリ

スポンサーリンク