【マガジン2019 1号『寄宿学校のジュリエット』レビュー・ネタバレ~用心せい!窓に耳あり、目もあり~

秘密について話すときはいかなる時も用心しよう!!



上司への不満、同僚の悪口、何か後ろめたいことをしていることなど、



どこに網が張られているか分からんからな( ; ゜Д゜)





めそまねは、上司への不満をたらたら同僚に言ってたら、フツーに後ろにいた事あったぜ!!



冷や汗が脇、股、耳の下から流れ出ました。



無論、後で・・・ボコボコにされました。



・・・ウソです。



まあ、とにかく後ろめたいことを共有する時は注意ですわ。






じゃ、今回もマガジン『寄宿学校のジュリエット』ネタバレ・レビューやっていきましょうか。




前回のあらすじ。



玲音の過去について知る事が出来た犬塚。



だが、想像以上に玲音の過去は苛酷であった。



なぜ彼女がそこまで白猫を憎むのか、その理由が誰もが納得できた。



しかし、犬塚はだからこそ玲音のためには『白』と『黒』の分断では問題の根本的な解決にはならないと判断。



犬塚は、玲音のためにも、そしてその他の大勢の人のためにも、『白』と『黒』の友和を図ることを改めて決意したのでした。







では、本編。



犬塚が玲音に『いがみ合いを無くしたい』と伝えた後、玲音は苛立ちを隠せませんでした。



イライラしながら、玲音の支持者が集まる『溜まり場』に足を運びます。





IMG_20181208_085656.png




玲音(だが、もう一つ何か・・・決定的な犬塚の弱点を掴めれば・・・



玲音は犬塚に勝つべくあらゆる手段を実行に移そうとしていました。






一方、そのころ黒犬の寮では・・・?



(ひょこっ)



土佐『あれージュリ男じゃん』



古羊『何してんのー?』



ジュリ男『あっ、やぁ!ちょっ露壬・・・犬塚を捜してて・・・』







ジュリ男は選挙投票日の前日・・・ジュリ男はある理由のため黒犬の寮に潜入していました。



そのある理由とは、まあ追い追い明らかになるのですが、久しぶりのジュリ男登場ですね。



ジュリ男好きの男たちが湧いてしまいますね(笑)






あ、ここにもジュリ男スト(ジュリ男好きな人のこと)が??







丸流『ふぁ・・・寝過ぎたな・・・(スウェット姿の超ラフな格好)』



ジュリ男『あっ、丸流・・・おはよー』



バタンっ!!(勢いよく扉を閉める音)



丸流『へぇ・・・また株価が下落したのか。あ?ジュリ男じゃねぇか・・・気がつかなかったぜ



スタスタスタ・・・(ジュリ男が去っていく足音)








丸流は相変わらず『かませ犬』ですなぁ(笑)



『黒犬の番犬』が『朱奈』なら、『黒犬のかませ犬』は『丸流』だなあ・・・。



初めはめっちゃムカツクゲス野郎だったけど、今はただただ可愛い。







さて、丸流はジュリ男を追いかけてめげずに話しかけます。



ジュリ男は、『犬塚を捜している』と丸流に伝えます。






丸流『一緒に捜してやる。・・・トモダチだからよ



ジュリ男『いいの?丸流って意外と面倒見良いんだね』



丸流『誰にでもって訳じゃねえ。嫌いな奴はいくら困ってても見捨てるしな』







なるほどなるほど、自分に正直な奴だ。



うらやましい・・・私もそんな風に生きたいものである。






ちなみに丸流がなぜここまで親切かというと色々思惑があるようで・・・。



どうやらジュリ男と、こんな間柄になりたいようです。




IMG_20181208_085954.png





・・・『千鶴』って名前だったっけ?



忘れてた、なるほど『マルチーズ』で『丸流千鶴』か・・・。







さて、丸流がこんな風に妄想していると、そこへなんと『朱奈』が登場!!



ジュリ男と話しこんでいるうちに、『犬塚捜し』を朱奈も手伝う流れに。





朱奈『一緒に捜しましょう!』



ジュリ男『いいの?』



朱奈『もちろんです!トモダチですから!!



丸流(ドチクショウ!!セリフまで被ってるし!)







念願のジュリ男とのデート?を邪魔されたくない丸流は、朱奈にあることを吹き込みます。



『朱奈のピンチには何があっても駆けつけるって言ってたから、ピンチのフリしてみたら?』と。



そこで・・・。






IMG_20181208_085926.png






『朱奈』ファン歓喜の一枚絵(笑)



PTAのみなさん、『寄宿学校のジュリエット』は健全な漫画です。






さて、これで二人っきりだと思う丸流。



だが、ジュリ男の人望を舐めたらあかん。





蓮季『あれ~?ジュリ男じゃないか~!!留年大丈夫か?』



晃葵『おっ、ジュリ男じゃん。留年・・・ガンバレ・・・』



モブ女・男『あっジュリ男くん!留年なんかでめげるな!』



丸流(どんだけ友達いんの!?





というわけで、丸流は二人っきりでの『犬塚捜し』は出来ずじまい。



丸流、どんまい。



だが、皆に協力してもらっても『犬塚』を捜しあてることはできませんでした。





日が暮れてしまいそうだったので、ジュリ男はひとまず寮に戻ることにしました。



ちなみに、丸流は『朱奈』にしばかれました・・・www






ジュリ男『結局露壬雄はどこに行ったのかしら』



ジュリ男はウィッグをとり、『ペルシア』に戻ることに。



そして、マンホールのふたを取り、白猫の寮に戻ろうとしたその時!!























IMG_20181208_090104.png





どっから出てくんだ、お前は!!




どうやら、『考え事』するために、地下にこもっていた様子。




にしたって、下水道の中って・・・臭くて集中できなくないか・・・。




いや、この世界の下水道は綺麗なんだな、ペルシアはトイレしないんだな、うん。







さて、色々話したところペルシアが黒犬の寮に潜入したのは一重に犬塚のためでした。



何か思い悩んでいる犬塚を見て、何か力になれればと思ったようです。







IMG_20181208_090225.png




ペルシア『黒犬の寮の人達も友達想いだし、騒がしいけど楽しそうで、一緒にいると黒犬の良い面がいっぱい見えてくる』



犬塚『ジュリエット・・・』



ペルシア『けれど、私がジュリ男じゃなく、ペルシアだって皆にバレたら、今日の関係も崩れるのかな・・・』



犬塚『何言ってんだよ、そうならねぇようにオレ達が代表になるんだろ?二寮の仲を結びつけるんだ!』







二人は『変えよう!この小さな世界を!』と意気込みます!



そして・・・ペルシアは白猫の寮に戻って行きました。





気が張っていた犬塚は、ペルシアと話せて少し気が楽になったようです。



あとは、明日の選挙戦のために、英気を養うだけです。



だが、その時犬塚の目にやや気になるモノが目に入った・・・っ!!!

























IMG_20181208_090140.png




安心しないでください!!開いてません!!




ペルシアが犬塚と話しこんでいる最中は、窓、開いてません!!



って・・・ことは・・・??



誰が一体・・・って・・・もうお分かりですよね。






・・・アワワ。



これは大波乱の選挙投票日になってしまう!!



フラグがビンビン丸じゃないですかぁ!!






これは、次回も見逃せないぞこれは!!



秘密を話すときは用心しましょうぞ・・・。



では。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
『徒然チルドレン』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26733324-1.html

『彼女、お借りします』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26744691-1.html

『五等分の花嫁』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26731082-1.html

『星野、目をつぶって』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26763198-1.html

『寄宿学校のジュリエット』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26794750-1.html

『This Man』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/article/460632541.html


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

寄宿学校のジュリエット 第2巻(初回限定版)【Blu-ray】 [ 金田陽介 ]
価格:6885円(税込、送料無料) (2018/12/8時点)




この記事へのコメント

  • r・ニッシー

    明らかに露壬雄とジュリエットの関係がバレてしまいましたね。

    これは来週見逃せませんが、どんなに窮地に追い込まれても二人なら乗り越えるでしょう。最初は大変でしょうが、少しずつ信頼を取り戻していく展開でしょう。

    しかし、玲音と過激派の集まりを見ていて、玲音が悪の組織の頭領にしかみえませんでした(笑)

    こんな場面見ちゃうとあとで内外に敵をつくるような気がしてしまいます。それと玲音を心配する甲斐と久里もまた出てくるでしょうし、玲音を推薦した藍瑠や朱奈、丸流、蓮季、シャル、ソマリ、スコット、ケット、サイベルなど、今まで露壬雄とジュリエットに関わった人たちがどう行動するのかも見ものです。
    2018年12月08日 14:22
  • めそまね

    r・ニッシーさん

    こんにちは!
    いよいよ投票日ですね!

    アノ窓の側にいた人間は、玲音、あるいは玲音側の人間であることは間違いないでしょうね。

    それが、投票にどう影響してくるか・・・。
    来週が待ち遠しいですね☺️
    2018年12月10日 14:11
  • 雛語呂卯之助

    お久しぶりです。実は引っ越し等の準備と仕事で日々忙しく
    作品は読んでいたのですけど感想が書き込めませんでした。とはいえこんな
    長文野郎なんて待ってないでしょうが(苦笑い)
    少し余裕が出来たので久々の書き込みですがまだいろいろと終わってなく
    多難なのでまた書き込みが出来ない日が続くかもしれませんが
    勝手な長文感想なのでスルーもOKなのでよろしくお願いします。
    久々の訪れの中ですが新しい方も来られておりますね。初めまして。
    勝手ですが同じファンとして嬉しく思います。いろいろ思いを存分に
    書き込みましょう(お前何様だ!ですよねすみません)
    さてしばらく書き込まない間にいろいろと進んだ物語ですが
    記憶喪失の解決からお互いの名称の変化に選挙突入と勝手ながら
    選挙篇のクライマックス感を味わっていますね。
    玲音に関しては自分の予想が外れました(まさか腐った祖母が元凶とは)
    というより玲音の兵力の連中の方がヤバそうですこんな生徒達がいたとは
    学園はこいつらの素行とか素性調査や監視等をしているのでしょうか?
    (正直この学園は無能な大人が多いので期待するだけ無駄ですけど)
    絶対に親が過激派の権力者や過激派に属している者が多そうです。
    一方玲音の方はいろいろと猜疑心で書き込んでいましたが正直同情する面
    もあり心苦しいですね。ロミオとジュリエットになんとかしてもらいたい
    二人の意気込みに期待をしつつ彼らを応援していたのですけど・・・
    ここからは書き込まれてない今週の展開なので今は控えますが
    玲音もう戻れないのか!?と思う行動に正直困惑していますね。
    嫌な予感はしてました。選挙前に二人はやるべき行動ではなかったとも言えますが遅かれ早かれこのような事態になる事は避けられなかったと思います。
    決着後にこれが訪れていたらもっと酷い事になっていた可能性もあります。
    どちらにしても二人には再び試練が訪れる運命なのでしょう。
    いろいろともどかしいですが今後に期待。それだけですね。
    ではまた続きは今週の良き感想にて書き込みさせていただきます。
    失礼しました。





    2018年12月14日 18:57
  • めそまね

    >雛語呂卯之助さん

    お久しぶりです。
    私もバタバタしており、返事遅れました。

    玲音の過去があんなに腐っているとは思いませんでしたよね。
    ありゃあ、玲音があんな風になるのも無理はないというか・・・。

    あと、選挙ってネガキャンとか、妨害とか色々ありますからね。
    本当はうかつな行動はしない方が身のためなんですが、やはり愛する人の力になりたいというペルシアの想いが勝ってしまったのかなと思いました(笑)

    まだまだ目が離せないですね。
    2018年12月30日 10:12

カテゴリ

スポンサーリンク