【マガポケ 『This Man』第31話(週マガ4・5号に該当)~『天野』VS『黒瀬』、ついに決着・・・!!~

いや、もうやっと仕事納め・・・。



29日土曜日も馬車馬のごとく、働きましたよ、ええ。



社畜、万歳。





まあ、私色んな仕事経験してきましたが、中には10連休の時もありましたねぇ。



10連休もあったら、休み明け仕事行きたくなくなりますね(*゚▽゚)



うん、そうだ、そうに決まってる。



やはり、パフォーマンス性を発揮するには3連休が限度だな、うむ。



いや、むしろ休まない方がいいな。



あ~仕事!仕事したいぜぇ!!



・・・こうして日本の社畜は生まれ、あくせく働くのである。



なんつって・・・。








・・・では年末モードのあなたも、社畜万歳なあなたも、ぜひ『This Man』読んでみてくださいね。



今回もマガポケ『This Man』ネタバレ・レビューやっていきまっせ。








ひとまず前回のあらすじ。



ディスマン一味である黒瀬警部に、拉致された神水を助けるために潰れたモールにやってきた天野。



しかし、無情にも黒瀬警部のライフルが神水の足を貫く。



天野は神水を助けるべく、黒瀬警部の前に姿を現そうとしたが・・・。



なんと、天野に『剣君は生きている』と言い残し、そこで神水はビルから飛び降りてしまう!!



絶望と後悔に苛まれる天野でしたが、己を奮い立たせ、いざ黒瀬警部と決戦に挑む!!



そして、ビルからビルへ飛び移り、意表を突いた天野はまさに黒瀬警部に照準を定めたのであった!!









では、本編。



さて、果たして天野VS黒瀬警部の死闘の行方は・・・?



黒瀬警部『・・・ニューナンブは、銃身長ぇなぁ・・・』












IMG_20181230_062335.png






よっしゃ!!!よっしゃああ!!!



当たり前だが、天野の勝利!!



さっすが主人公!!!



黒瀬、ざまぁ!!






ちなみに、『ニューナンプ』とは警察が所持していることが多い銃みたいです。



マグナムとか、コルトパイソンとかよく『バイオハザード』で聞く銃は、もっと銃身が長いっぽいです。(豆知識)







黒瀬『お前さんの銃、とっくに弾切れかと油断した・・・』



天野『捕らえた警官の弾をもらっておきました



黒瀬『天野斗・・・悪くなりやがって・・・』



天野『手負いでは僕に勝てない。諦めてください』



黒瀬『クソ・・・逃げようにもこの怪我じゃあ遅かれ早かれ捕まっちまう・・・・・・か』








そう、黒瀬警部はここで捕まれば、『裏切り者』のレッテルを貼られるのが必然。



そして、それは孫の治療費を集めることも叶わない。



重病のために、父親に見捨てられ、それに伴い母親は錯乱し精神崩壊。



誰にも愛されることのない、哀れなその子は黒瀬警部は見過ごすことなんてできなかった・・・。








天野『・・・あなたの孫を、かわいそうに思う・・・』



天野『だが、あなたは連続殺人犯の片棒を担いだ犯罪者だ!同情はしない!!



黒瀬『・・・本当にそうか?・・・お前に俺が殺せるか?』



天野『動くな!!』



黒瀬『正義の味方が、なりふり構わねぇ悪人に、本当に勝てると思うのか?』



天野『諦めろ!』



黒瀬『(ふらぁっ)天野・・・本当に悪い大人は・・・(こうするのさ)』


























IMG_20181230_062748.png





え!!




い、い、一体何を!?




お前、銃は落としてたはず・・・。









黒瀬『・・・油断したな天野ォ・・・俺からの反撃には気をつけても・・・』





IMG_20181230_062456.png




天野『・・・なんの・・・ために・・・』







・・・黒瀬の筋書きはこうです。



このまま、死んだ場合は『本物のディスマンの手先』として、孫の治療費も集まらない。



だから、単独で『ディスマン(世間では天野がディスマン)』に挑み、返り討ちにあった哀れな刑事として死ねば・・・。



世間の同情を買って、孫の治療費も集まるかもしれない。



それが、黒瀬のとっさの判断でした。







黒瀬は、『早く逃げねぇと「先輩殺しのディスマン」にされちまうぜぇ』と天野に言い残し、息絶えました。



天野は、その場から去り、玲愛の待機している車まで向かいました。



玲愛は恐る恐る『神水』や『黒瀬』のことを尋ねました・・・。



しかし、天野から『畜生・・・!!!』という言葉しか返ってきませんでした。










そして・・・。



玲愛と天野は、七城のいる別荘へと向かいました。



そこには、九品寺、星子、菊池も、もちろんいました。







非日常的な日々から、少しばかりの平穏が戻ってきたように思われました。



だが、天野の精神的な傷跡は深く・・・。



彼は、ベッドでひたすら『神水』の絵を描いていました。







天野(剣が生きてる・・・?どういうことだ・・・神水さんが死んだ今・・・これ以上の手がかりは・・・






と、そこへ『斗君』と声をかけてきた人物が一人・・・!!



それは・・・










IMG_20181230_062614.png




『神水』と仲の良かった『菊池』さんでした。






天野『・・・菊池さん・・・神水さんを、守れなくて・・・』



菊池『・・・聞いて欲しい。・・・話があっとよ』
























菊池『まつりちゃんが言い遺した、「イスの下」について



天野『・・・?』







・・・はい、と今回は『イスの下ってなんだよぉ!!!』という非常に気になる所で終わりました(笑)



はて・・・『イスの下』ねぇ・・・。



どの『イスの下』なんだろうか・・・。



まさか『イスの下』に隠し階段が!!??



・・・そんなドラクエみたいな(笑)








ところで、今その『神水』さんが『イスの下調べろ』って言った回を見てきたんですけど。



・・・菊池さんがやたら『ボイン』だなという印象でした。



あ、いや、嘘です。



他の事もありました。



それでやっぱりな・・・と思ったことなんですけど。







『KODAMA』=『剣』でほぼ間違いないのではないかと思いました。



菊池さんが『私にも背負わせてくれ』的な事を言ったとき。



神水さんが『言えんて。”まだ”好きとやもんっ・・・』って言ったんですよ。



して、神水さんが好きだった人って誰だかって言うと『』君でしたよね。



この『好き』という感情が共通している、かつKODAMA一味であるということは、やはり・・・?






・・・しかし、ミスリードにまんまと引っ掛かる事に、定評のあるめそまね。



真相は一体どうなんんでしょうね。





・・・では、今回はここまでにします。



また、2019年にお逢いしましょう。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
『徒然チルドレン』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26733324-1.html

『彼女、お借りします』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26744691-1.html

『五等分の花嫁』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26731082-1.html

『星野、目をつぶって』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26763198-1.html

『寄宿学校のジュリエット』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26794750-1.html

『This Man』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/article/460632541.html






この記事へのコメント

カテゴリ

スポンサーリンク