【マガポケ 『This Man』第32話(週マガ5号に該当)~『イスの下』にあったものとは!?~

あけましておめでとうございます。



めそまねは、昨日仕事始めでした。



表向きはめちゃくちゃ元気に様々な人と挨拶を交わしつつ、内心は『だぁ~りぃ』と思っている。



表向きは、『さ!!今年もバリバリ売上作っていきましょう』と言いつつ、内心は『無理だよぉ、やだよぉ』と思っている。



・・・処世術が身に着いてきましたよ、これぞ社畜。



今年も、『真面目系クズ』として頑張っていきたいと思います。









では、今回もマガポケ『This Man』ネタバレ・レビューやっていきましょうか。



前回のあらすじ。





意表を突いた天野の特攻により、黒瀬VS天野の決着は天野に軍配があがった。



しかし、肩を撃たれながらも、黒瀬はじりじりと天野へ近づく。



そして、天野の銃を使い、自分の胸を打ち抜いた!!



『天野斗というディスマンと戦い、返り討ちにあった哀れな刑事』を選んだのである。



・・・結果的に、神水がビルから飛び降り、黒瀬警部も自害という悲しい状況になってしまった天野。



彼は、七城の別荘でずっと塞ぎこんでいた。



そこへ、ある人物が訪ねてきた。



それは、神水の親友である『菊池美羽』であった。



『イスの下』について話を聞いて欲しいと、天野に告げて・・・。







では、本編。



天野『神水さんが・・・そんなことを・・・!?』



IMG_20190105_074315.png







天野は菊池にそう言われ、菊池の持っているバッグに手を伸ばす。



が、菊池はグッと拳を握りしめ、バッグを離さない。






天野『・・・怒ってるんだね。神水さんを守れなかった。僕が選択を誤ったからだ。ごめん、許してとは言わない』



菊池『・・・・・・。違う、違うよ斗君』





違う・・・とは一体・・・??



菊池は一体、何に怒りを覚えているのか。



いや、それとも怒りではなく、悲しみなのか。






・・・菊池はそのまま天野に話し続けます。



彼女が言うには、昔『神水まつり』はいじめられていたようです。



いじめられた理由は、母親が水商売をしていただけでした。



泣き虫の神水を、菊池はいつも助けていたのでした。





だが、ある存在が神水を変え、元気にさせた。



それが、『人吉七人衆』であり、好意を抱いていた『天野剣』でした。



名前がダサいと言いつつも、神水は内心嬉しかったのである。





しかし・・・『天野剣』が失踪して以来、神水はどこか『闇』を抱えて生きているようだった。



それは、ただ『天野剣』が失踪しただけのものではない、深い深い『闇』



それを、親友である『菊池』は把握できていなかった。






菊池『まつりちゃんが死んだのは、私が選択ば間違えたから。もっと闇の正体ば聞き出すべきだった・・・



天野『!?菊池さんは何も悪くない・・・』




IMG_20190105_074442.png




菊池『でも、まつりちゃんは自分の責任で人生を生き切ったの・・・。責め合いっこは終わりにすっとよ。前位に進もう』







菊池はそう言って、バッグを天野へと差し出しました。



天野は、そのバッグの中身を徐に取り出してみた。



そして、その中に入っていたのは・・・!?




























IMG_20190105_073745.png




え、うんすんかるた?なにそれ、おいしいの?



なに、この古代中国の人っぽい絵面は。







・・・どうやらこの『ウンスンカルタ』なるものは、江戸時代に出来、人吉にのみ伝わったカルタらしいです。



しかも、これフィクションの世界ではなく、実際に広島県の人吉にあるみたいです。(知らんかった!)



うんすんかるたについて知りたい方は下記リンクへ↓

http://www.asahi-net.or.jp/~rp9h-tkhs/dg_unsun.htm
(伝統ゲーム紹介 うんすんかるた)






さて・・・本題ですが、この『ウンスンカルタ』において、『』のマークをどうやら『イス』と呼ぶようです!



つまり、神水は『天野剣』の秘密を『剣(イス)』の札を並べた額縁に隠した。



というわけですね。



シャレが利いてるぜ、神水さん(笑)



確かに、これは人吉の人にしか分からんばい。そうだばい。







ちなみに、この額縁は誰が持ってきたかと言うと、亡くなった陣内のお母さんでした。



息子を殺した犯人が早く捕まるようにと、願掛けの意味で・・・。



陣内の遺品であるがゆえに、母親は絶対に手放すことはしない。



無くなる事はない、さらに人目にもつきづらい。



神水は機転を利かせて、安全な場所に『秘密』を隠したのである。






果たして、神水がその『イスの下』に隠したものとは何だったのか。



それは・・・!?


























IMG_20190105_074152.png




なんと、『ノート』!?



そこには、確かに神水の字で書かれていた。



『天野剣』の失踪した日のことについて・・・。











11年前の夏・・・神水はばったり天野剣に出会った。



その日は、剣が斗に『怪人を見つけにいこう』と誘った日でした。



しかし、斗は『いつまでガキみたかことばしょっと?』と断りました。



また、実は九品寺にも剣は話をもちかけたようですが、どうやら九品寺も話を断ったようでした。






その話を神水に愚痴る剣。



剣がしょげていて、心細そうにしているのが可哀相に思ったのか、神水は一緒に七城の屋敷に行くことにしました。



『怪人』を捜すために。








そして、二人は発見する。



七城の屋敷にはおよそふさわしくない、『荷台付きのトラック』を・・・!!



そして、そこには!!!!!


















(閲覧注意!子供はトイレに行けなくなるぞぉ!)











































IMG_20190105_074244.png




まゆ毛がつながり、口が裂けた不気味な男。



ディスマン』そのものが七城の屋敷にいたのであった・・・!!!






・・・と今回はここまででした。




やはり・・・!!!




『ディスマン』は、あの時七城の別邸にいたんだ!!!




以前の話で『変な外国人がウロウロしとった!』って剣が言ってた時のシルエット・・・。




それで、ほぼ『ディスマン』であると想定出来ましたけど、やっぱりそうであったか。



問題の画像が載っている記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/article/462890132.html







・・・これ、まあ、どう考えても『ディスマン先生』ですけどね(笑)



まあ、今回の件で確実に100%間違いなく『ディスマン』と断定できましたね。







果たして、剣は!!



そして神水は七城の屋敷で『ディスマン』と出くわし、どうなってしまったのか!!



一体、神水の『罪』とは何なのか!!



次週も目が離せない!!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
『徒然チルドレン』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26733324-1.html

『彼女、お借りします』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26744691-1.html

『五等分の花嫁』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26731082-1.html

『星野、目をつぶって』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26763198-1.html

『寄宿学校のジュリエット』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26794750-1.html

『This Man』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/article/460632541.html




この記事へのコメント

カテゴリ

スポンサーリンク