【マガジン2019 6号『寄宿学校のジュリエット』レビュー・ネタバレ~俺は『友達』の味方をするだけ~

普段、悪い事バッカしてる奴がちょっと良い事すると、



『え、実はめっちゃ良い奴やん!』とレッテルがつくの何なんでしょうね(笑)



ベタなところを言うと、『ヤンキーが河原で捨て猫を愛でる』とかね。



あと、『前科者のヤクザがそっとおふくろさんに付け届けする』とかね。






・・・普段ワルい奴になろうかしら。



めそまねは普段めっちゃ良い奴キャラを心がけているので、悪い事すると『さいてー』ってなる。



・・・なんなん?






・・・と、まあ今回はそんな『普段悪い奴』がどんでん返しして、スカッとジャパンする回です。



では、今回もマガジン『寄宿学校のジュリエット』ネタバレ・レビューやっていきましょうか。






ひとまず前回のあらすじ。



犬塚とペルシアは恋人であると露呈し、さらに『ジュリ男』=『ペルシア』であることも露見!



必死に、犬塚はペルシアを救うべく自分の想いを伝える!



しかし、一度疑い出した群衆の総意は変わらず。



犬塚に、そしてペルシアに、『裏切り者』のレッテルを貼り付ける。



玲音もここぞとばかりに責め立て、犬塚にペルシアとの交際が『過ち』であったことを認めさせようとする。



だが、犬塚とペルシアはこれを拒否。



『私たちの恋は決して間違ってはいない』と断言したのでした。






では、本編。



さて、犬塚とペルシアが『間違っていない』と宣言した後。



玲音は、感情をむき出しにして、『学園追放』を宣言。



周りも『追放、追放』と煽ります。



あれほどの啖呵を切った以上、後戻りはできない。






モブ1『ふざけんじゃねーよ、犬塚!!』



モブ2『そんなにペルシアが・・・敵国の女が大事だってのか!?』



モブ3『オレ達はお前を仲間だと思ってたのに、そんなの・・・あんまりだろーが!』






モブ達は、犬塚に裏切られたショック、二寮間における背徳とされる行為への怒りに自分を抑えることができない!



さらに、一人だけではなく、集まっているほぼ全員が犬塚へその感情をぶつけた。



だが、犬塚はただ『今まで隠してて・・・本当にごめん・・・』とただ謝る事しかできませんでした・・・。



そこへ・・・?




















どけ










IMG_20190109_215654.png





なんと、同じ黒犬のライバル的存在である丸流が犬塚を殴ってしまう!!









丸流『立てよ。オレ達黒犬を欺いてた”けじめ”つけろや・・・コラ



ペルシア『やめて丸流・・・!!これ以上は・・・』







丸流は犬塚に我慢がなりませんでした。



自分がライバル視していた人間が裏切り者であるという事実に。



ペルシアは、丸流の行動を止めるべく、犬塚の前に割って入るのですが・・・。









IMG_20190109_215712.png





同じく、丸流はペルシアにも騙されていた事に怒りがおさまらない!!



『利用などしていない!』とペルシアが必死に弁明するも、丸流は聞き入れず!



拳を振りかぶって、ペルシアにも鉄拳をおみまいする!!







丸流『信じられるかよ・・・てめぇは”ペルシア”だ。「敵」だろ!



ペルシア『!!』



犬塚『よせ、丸流・・・!!』



シャル姫『ペルちゃん!!どいて!』



丸流『てめぇらはスッコンでろ!!邪魔すんじゃねぇよ。落とし前くらいつけさせろ』







丸流は、本気でペルシアのことが許せなかった。



友情ごっこに本気になってる俺を見てさぞ楽しかったろ。



自分もペルシアに散々酷い事をした。



そんな俺を本気で友達だなんて思うはずがない。




・・・丸流は純粋に傷ついていたのです。








そして、再びペルシアに殴りかかる丸流。



丸流は本気です。



ペルシアも応戦しなければ、確実にやられる・・・。



そう思ったペルシアは丸流の腕を掴み、背負い投げのスタイルで投げ飛ばそうと試みた。



が。


























IMG_20190109_215743.png





ペルシアは、投げなかった・・・。



いや・・・投げられなかった・・・。







丸流『てめぇ、どういうつもりだ・・・!!何で投げねぇ!!!』



ペルシア『投げられ・・・ないわ・・・』


























IMG_20190109_215753.png



丸流『!!!』






ペルシアは、丸流に伝えます。



最初は苦手だったが、ジュリ男として接していくうちに、本当に友達になりたいと思った。



だが、自分を偽ったままで友達になれるなんて考えが甘かった。



だから、罰は受ける・・・と。






玲音『・・・だそうだよ。罰を下してやりなよ、丸流』



丸流『あァ、そうだな・・・』







ヒュッ!!

























IMG_20190109_215813.png




ファッ!?



ま、丸流・・・い、いい、一体何を・・・!!!







丸流『痛ー・・・』



玲音『な・・・何してるんだバカか君は!?』



丸流『っせーな・・・』
























丸流『友達を疑った自分に罰を下したんだよ





IMG_20190109_220053.png






ま、丸流ーーーーーーーーーーーーー!!!!!!



鳥肌やべえええええええ!!!!!



丸流△!!!



え・・・やばくないですか、丸流のこの勇気、信念。



ふつー自分しかいないのにこんな決断できます!?



信じるものは己のみというか、マジで丸流かっけえんですけど!!









玲音『お前・・・裏切り者の味方をするのか!?』



丸流『あァ?誰が裏切り者の味方なんかするか。オレはただ』






























丸流『友達の味方をするだけだ。ボケ





ぞわっ!!!



かっけーかっけーかっけーかっけー!!!



丸流の株マジで急上昇!!!



いつか丸流はやると思ってました!!







いやー今回はここで終了となるわけですが、この丸流のおかげで風向きが確実に変わりますよ!



揺れ動いていたモブ達の感情も少し沈静化するのではないでしょうか。



これは、もう持つべきものは友情ですよ、コレ。



犬塚とも丸流はなんか仲良くなりそう!!



結婚式に丸流は確実に呼べよ!!!







きっと、これで犬塚とペルシアの行く末は変わるはず。



そして・・・玲音も救うんだ!!犬塚!!!



彼女も犬塚の手で、変えるんだ!!





では、今回はここまで。



次回もマジで楽しみですわ、ほんと。



じゃ。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
『徒然チルドレン』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26733324-1.html

『彼女、お借りします』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26744691-1.html

『五等分の花嫁』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26731082-1.html

『星野、目をつぶって』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26763198-1.html

『寄宿学校のジュリエット』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26794750-1.html

『This Man』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/article/460632541.html




この記事へのコメント

カテゴリ

スポンサーリンク