【マガジン2019 10 号『五等分の花嫁』レビュー・ネタバレ~四葉の表情に胸がえぐられた回~

3連休が終わりましたね。



家族旅行、恋人とのひと時、親友たちとの有意義な時間。



さぞ、楽しい3連休だったでしょう。



めそまねも、金沢にプチ旅行してきましたとも!






え?社畜に休みがあるのはおかしい?



うひゃひゃひゃ( ̄▼ ̄)ノ_彡☆ばんばん!



その通り!貧乏暇無し!充実の24時間システム!!



3連休なんてなかった!!



・・・社畜最高っ!!!うっひょぉぉぉぉ!!!ヾ(@°▽°@)ノ








・・・はぁ。



じゃ、今回もマガジン『五等分の花嫁』ネタバレ・レビューやっていきましょうか。



まずは、前回のあらすじ。






四葉と風太郎が学級長となってから、四葉と風太郎は忙しそうで。



そんな中、二乃はというと、風太郎のいるケーキ屋さんで初バイト。



しかし、いつもの二乃ならしないようなミスを二乃はしてしまう!



そこへ、風太郎は二乃に失敗談を話し、フォローする形をとります。



落ち込んでいた二乃は、風太郎との関係性で悩んでいましたが、風太郎と話し、再度決意します!



告白の返事は聞かず、自分がどれだけ風太郎のことを好きか知ってもらおうと。



二乃のどストレートな好意に、耳まで真っ赤になる風太郎なのでした・・・。









では、本編。



さて、二乃のバイト明けの翌日。



五つ子は学校にて風太郎の誕生日プレゼントについて密会中。



そもそも、二乃は三玖にその誕生日プレゼントのことを聞いておいてと頼まれてました。



が、二乃は風太郎と良い雰囲気になってた余り、聞きだしていませんでした。







三玖『何してたの?』




二乃『んー?何してたと思う?((@´∀`)ニマニマ』




五月『いいことでもあったのでしょうか・・・』




四葉『なんだか幸せそう』




一花『とはいえ、欲しいものを本人に聞くのもなー』




四葉『そうだ!!クラスのみんなに聞いてみよう!








四葉は、風太郎の誕生日プレゼントが何が良いか、クラスの人に聞いてみることにしました!




・・・そんな手段で大丈夫か?




大丈夫だ、問題な・・・。










IMG_20190211_162022.png






問題あったー・・・。




つーか、モブもねぎ先生にかかってはイケメン、美人。(そこかよ)




ねぎ先生、さすがです(笑)










結局、みんなに聞いて回るも、有意義な回答は得られず。




それどころか、クラスの女子たちに至っては・・・??







IMG_20190211_162036.png





四葉『?(゚〇゚;)』




モブ女子A『二人とも学級長で仲良さそうだし、あんな大胆に推薦するなんて勘ぐっちゃうよね(^v^)』




モブ女子B『でも、火のない所に煙は立たないって言うし(^v^)』




四葉『わ・・・わ・・・・私が上杉さんとつ・・・つき・・・なんて、恐れ多い!!




モブ女子B『どうかなー?案外上杉君の方は満更でもないかもよ












四葉は、モブ女子たちに風太郎との関係を揶揄されてから、四葉自身もかなり意識してしまいます。



さて、場面は変わり、風太郎たちは体育の授業で100メートルの測定をしています。



測定が終わり、体育用具の片付けを先生に命じられた四葉と風太郎。



その一緒に片付けている様子を、クラスの女子たちに見られ、またもや風太郎を意識してしまう四葉。



クラスの人達の目が耐えきれず、四葉は・・・??


























IMG_20190211_162100.png





ついには、『学級長を変わってくれ!』と五月に頼み込む四葉。




ああ・・・四葉・・・。










五月『あんなにやる気だったじゃないですか』




四葉『お願いだよーコロッケパンあげるからー』




五月『た、食べ物で釣ろうとしても無駄ですよ!・・・いただきはしますが!』(いただくのかよ!)









四葉は、五月に『変なうわさが流れてて困っている』『だから学級長をやって欲しい』と伝えます。




噂の真相までは、恥ずかしくて言えませんでしたが(笑)









四葉『もー!こんなことになるなら推薦しなきゃよかったな!』




四葉『みんなに悪いよ・・・私はただ・・・』




四葉『上杉さんが凄い人だって、みんなに知って欲しかっただけなのに・・・









・・・そう、四葉は風太郎の良さを皆に知って欲しいがゆえに、学級長に推薦したのでした。



それが、『デキている』という噂になろうとは、思いもよらなかったのです。



四葉・・・ピュアよな・・・・(PД`q。)



そのピュアさが裏目に出てしまったのか・・・。







否!!!



四葉の純真さを分からないクラスのモブ女子が悪い!!(錯乱)



雑魚とは違うのだよ!!雑魚とはっ!!


 






・・・さて、そして放課後。



学級長である風太郎と四葉は、教室に残って雑務をしていました。



だが、四葉は風太郎の天然ジゴロ的要素に我慢できなくなったのか。



ついに、風太郎にあの事を聞いてしまいます!









四葉『う・・・上杉さん・・・。上杉さんは私の事をどう思ってますか?




風太郎『?』




四葉『私は上杉さんが嫌いです




風太郎『は?』




四葉『ほ、本当ですからね!だから私に近づかない方が身のためです!』




四葉『でないと・・・たっ、大変なことになります!(>_<)』




風太郎『はぁ・・・』




四葉『だから・・・その・・・』




風太郎『・・・何を気にしてんだ?










四葉は、風太郎に思ったように上手く伝えられず、結局違和感を覚えた風太郎が訳を聞き出しました。




そして、風太郎は『四葉と付き合ってる』という噂が蔓延していることを知りました。








風太郎『ありえないだろ』




四葉『で・・・ですよねー(^_^;)でも、女の子ってそういう恋バナ大好きですから。仕方ありませんよ』




風太郎『・・・恋ね・・・』




四葉『あ!えっと・・・確かこういう話、お嫌いでしたよね。学業から・・・えー・・・なんでしたっけ?』




風太郎『最も離れた愚かな行為












風太郎『と、思ってた・・・だが・・・』




IMG_20190211_162346.png









おおっ・・・風太郎・・・恋愛NG条例から卒業ですね。




そう言えば初期の頃、『学業から離れた最も愚かな行為』って言ってましたね(笑)




おやおやおや・・・耳まで真っ赤にしてた男が良く言う(o´ω`o)ぅふふ









さて、四葉は風太郎が恋愛に対して、興味をもってくれたことに純粋に喜びました。




そして、風太郎にこう語りかけました。







四葉『この先上杉さんにも好きな人ができるかもしれません。その時、誰を好きになって、どんな恋をしたとしても』




四葉『私は味方です






IMG_20190211_162136.png





四葉『全力で応援します!










ぶっふぉおお!!




四葉・・・チミはなんて良い子なんだぁぁぁ!!!




なぜ自分の気持ちに素直にならないんだぁぁぁ!!!




大丈夫!?無理してないか!?




陸上部の時だってそうだ・・・四葉は自分の気持ちよりも他人を優先しちゃうんだぁぁぁぁ。




メシア・・・まさに現代のマザーテレサ。











・・・さて、四葉と風太郎は仕事も一段落したので、他の姉妹の所へ向かおうとします。




ただ、一時風太郎はトイレに行きます。




四葉は一人になった時、再びあのモブ女子どもが話しかけてきました。








モブ女子A『また上杉君といたでしょ!』




モブ女子B『見ちゃったよー!』




モブ女子A『放課後の教室で二人っきりなんて!』




モブ女子B『キャーロマンチック!』




モブ女子A『やっぱり上杉君と四葉ちゃんって・・・




四葉『ないよ





モブ女子ども『(°▽°;) 』


























IMG_20190211_162604.png





四葉ぁぁぁぁーー!!!.・゜゜・(/。\)・゜゜・.




なんて・・・なんて切ない表情なのだ・・・。




諦め?憂い?怒り?




色んな感情がその表情から伝わってくる・・・。









まあ、確かに四葉の立場からしたら、デリカシーのない発言に取っちゃうよね・・・。




四葉も、なんだかんだ風太郎の事意識してるけど、三玖が風太郎のことを好きなことも知ってるし。




そうなると、自己犠牲の精神の四葉はそっちを優先してしまいますから。




となると、モブ女子どもの発言はまったくもって大きなお世話というか、放っておけって感じですよね。




悪気はないんですけどね、モブの女子たちも。




モブの女子も可愛いし、性格は悪くないし(ただ、ちょっと空気読めってだけで)




四葉は、果たしてどんな心境なんでしょうかね・・・。




風太郎を応援したいのは本当でしょうが、自分がその舞台に立ちたいとは思ってないのでしょうか・・・。










・・・さて、トイレに行った風太郎ですが、そこである人物がやたらと視線を送ってきました。




トイレでそんなに見られると気まずいわい(笑)




誰やねん。
















IMG_20190211_162328.png





武田・・・お前か・・・。








武田『大変そうだね、中野さんたちの家庭教師』☆☆☆




風太郎『お前・・・なぜそれを・・・』




武田『ふふっどうだい。僕が代わってあげてもいいけど、ね?☆☆☆










はぁぁぁぁぁ!?




お呼びじゃねーわヴォケぇ!!!!




どうせお前、中野パパの差し金だろうが!!!




その手にはくわねーぞこんにゃろうめぇえ!!








中野パパが人気者の武田をけしかけて、五つ子全員のハートをぶち抜こうと思ったんだべ!?




ところがどっこい!!!




もうすでに、中野家の人間はほぼ風太郎にホの字なんじゃい!!!




今更、武田の出る幕なんぞないんじゃい、ヴォケェ!!




一昨日きやがれ!!








・・・はぁはぁ。



多少、取り乱してしまいましたが・・・今回はここまでにします。



また、次回。



四葉にどうか救いを・・・。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
『徒然チルドレン』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26733324-1.html

『彼女、お借りします』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26744691-1.html

『五等分の花嫁』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26731082-1.html

『星野、目をつぶって』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26763198-1.html

『寄宿学校のジュリエット』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26794750-1.html

『This Man』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/article/460632541.html



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

五等分の花嫁 1【Blu-ray】 [ 松岡禎丞 ]
価格:6318円(税込、送料無料) (2019/2/11時点)




この記事へのコメント

カテゴリ

スポンサーリンク