【マガポケ 『This Man』第38話】~『おもしろい』のディスマンの正体とは!?~

『This Man』第4巻、3月8日発売ジャアアァァ。



・・・おっす、オラめそまね!



最近、傷の治りがおせぇぞぉ!!



そんでもって、ねんざが全然治んねぇぞぉ!!



老化や・・・これが老化ってやつや・・・。



あれ?筋肉痛も?遅れて?くるよ?






というわけで、老化が進むめそまねですが、マガジンは日進月歩。



今回もマガポケ『This Man』ネタバレ・レビューやっていきますか。





まずは前回のあらすじ。



前回、斗たちはKODAMAの悪事を世間に晒すため、ある動画を撮りました。



斗は人物を見分けるには、『耳の形状』つまり、『耳紋』を照合すれば良いと述べます。



そして、今回KODAMAが確保している星子は全くの偽物であると論破しました!



その動画の反響はすさまじく、世論が『KODAMA信者』から『KODAMAアンチ』になるほど!



そして、その動画を見た中の誰かが斗たちのアドレスにタレコミをしてきました。



KODAMAの現在の居場所について・・・。









では、本編。



さて、ある警備会社の人物からKODAMAについてのタレコミを頼りに、一行は車に乗り込みます!



罠なのか、それとも真実なのか。



危険が伴うのは承知の上で、一行はKODAMAのアジトへと乗り込もうとします。



そんな中、玲愛宛にあの七城から電話がっ!!







斗『七城!お前、無事か』



七城『うん、あのね・・・11年前剣君を襲った『怪人』が今どうしてるか分かったよ



斗『何!?』



七城『お母様に聞いてみた。お母様は後ろめたいこと何もないみたいで、あっさり教えてくれたよ』



斗『っ!どうだった七城!人吉の『怪人』はあの後、KODAMAの仲間になって・・・』



斗『「おもしろいのディスマン」として今回の連続殺人を起こした・・・そうだろ!?』



七城『ううん、違うよ




























IMG_20190227_231749.png



斗『は?』








( 'ω' )ファッ!?



・・・しんだ・・・だと・・・??



まさかKODAMAがヤッたとか・・・??









いえいえ、どうやら真相は違うらしく。



ふつーに脳梗塞でぶっ倒れたみたいです。



元々は七城家の護衛として雇ったみたいですが、盗みを働いて東京に連れ戻したらしいです。



奥多摩の別荘で尋問してたら、脳梗塞で倒れたようで・・・。



・・・んじゃそりゃあぁぁぁ!!??



コレステロール値高すぎィィィィ!?



卵は1日1個までェェェィィィ!?(卵はいくらでも食べていいと論証されました)










さて・・・斗はその衝撃的な発言に困惑。



人吉の『怪人』が10年前にしんでいた・・・??



ならば、今回の事件の実行犯、「おもしろいのディスマン』は一体誰なんだ・・・??












だが、ここで冴えわたる頭脳の持ち主、九品寺が一言斗に申し立てる。



九品寺『斗、お前はどうしても11年前の「怪人」が「おもしろいのディスマン」だと思いたいだろうが・・・』



IMG_20190227_231829.png








もう一つの可能性・・・。



これはね、めそまねは何なのか分かっていますよ。



これはもう、読者の方が想像してみてください。



襲ってきたディスマンの特徴はどうだったか、もう一度見返してみてください。



単行本でぇ。



ヒントは『歯』



私は、正直自分で気づけませんでしたけどね(・_・;)汗



このブログの読者の方の『タレコミ』で『あっ!ほ、ほんとだぁ!?』となったわけで・・・。



あの人、着眼点がすごいなぁ・・・。








さて・・・斗がショックを受けている中、KODAMAはどうしているかというと・・・??



潜伏場所で、協力者とともにいました。



その中には、星子の替え玉も。



その子は、どうやら金で雇ったただのタレント崩れのようで。



アジトで時間的に拘束されているのが、気にいらない様子。






星子の替え玉『・・・つまんない。お母さん!私もう帰るー!』



母親『うるさい!この仕事でいくら入ると思ってんの。あんたタレントじゃ失敗したんだから、これくらい頑張りなさい!』



星子の替え玉『やだー!帰るぅー!学校行くぅー!!(イスをガタガタガタと音を立てながら)』


























IMG_20190227_231858.png



おやおや、KODAMA氏はかなり荒れているようで(笑)



つーか、顔コワッ。



これ、もしかして実はかなり動揺してる??



ってことは、警備会社の人によるタレコミは本物なのか??









さて、そんな中学生の首を絞めようとして脅すような鬼畜・KODAMA。



彼の過去について、語られることになります。



どうやら、彼の狂った人格は少年期の生い立ちが原因だったようです。







・・・家族から愛されない存在であったKODAMA。



母親に葉っぱが6つあるクローバーを見せにいっても、母親は見てくれない。



無論、3つ葉のクローバーを重ねただけのものではありましたが、それは子供心。



『自分を見てほしい』という願望の現れでした。



しかし・・・母親は見てくれません。



さらに・・・。









兄『この部屋に入るなーッ!!こんなもの三つ葉のクローバーを貼り付けただけだろ!』



兄『嘘だけうまくなりやがって・・・”汚い”



KODAMA『・・・』







KODAMAは母親からも、兄からも見てもらえませんでした。



徐々にエスカレートしていくKODAMAの嘘。



学校でも彼は、得意の”嘘”をついていきます。







IMG_20190227_232153.png




オオカミ少年』のレッテルを貼られ、次第にクラスメイトの信用がなくなっていくKODAMA。



ちなみに、KODAMAの本名は『小平誠』と言うそうです。



そんな小平誠は、自ずと『動画作成』に手を伸ばすことに。









KODAMA『今日は皆さんがあっと驚くことに挑戦します!』



KODAMA『ライターオイルをボクのシャツにかけて火をつけるんです!



KODAMA『アメリカで流行ってんの知ってます?ボクはどうなっちゃうんでしょう!!w』










KODAMAが目を覚ましたのは、病室。



そこには、KODAMAの兄が座っていました。







兄『クズが。お前がどんなに頑張ったってな、お母さんはお前を見たりしないよ』




IMG_20190227_232356.png



( 'ω' )ファッ!?



そういうことか・・・。



KODAMAの生まれた背景が気になる方はぜひマガポケをご覧ください。



衝撃というか・・・可哀相過ぎる・・・。









兄『あんなことさえなけりゃ・・・ウチは普通の家族だったんだ』



兄『汚い・・・汚い!!薄汚いガキめ!!お前なんか○ねば良かったんだ!!』



KODAMA『!!』











それからKODAMAは『自分を見て』という欲望が暴走。



だが、その欲望が動画の質を向上させ、ついにはチャンネル登録者数が17万を超えた。



そんなある日、KODAMAは。






IMG_20190227_232500.png




着ぐるみを着て、自分のファンと気づくかどうかの検証動画を作成。



ここにも『自分を見て』という欲望が垣間見えますね。



さて、この『着ぐるみの私を見つけて』動画。



この動画で、最初に接触した人物こそ・・・!!!
























明里親子だったわけなのです!!



しかし、一体何を明里親子がしたのか??



それはおそらく、しょーもないことだと思われます。



KODAMAのことだから。



まあ、私は何が原因だか分かるような気がしますけどね、フフフ。



ヒントは『ゴミ箱』です。



あと、KODAMAへの『禁句』








・・・KODAMAの生い立ちには同情せざるを得ないけど、共感ができないな・・・。



さて、果たしてKODAMAの明里親子への恨みとは一体なんなのか??



次回、それが明らかになることでしょう。



では、また次回!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
『徒然チルドレン』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26733324-1.html

『彼女、お借りします』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26744691-1.html

『五等分の花嫁』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26731082-1.html

『星野、目をつぶって』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26763198-1.html

『寄宿学校のジュリエット』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26794750-1.html

『This Man』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/article/460632541.html






この記事へのコメント

  • 名無し

    ねんざは若いスポーツ選手ですら長引く場合もありますからね。めそまねさんお大事に。
    11年前のディスマンが既に死んでいたとは拍子抜けですね。ディスマン人形もそうですがクライマックスに向けて伏線を回収してるのは分かりますが、あっさりした展開ばかりですね。
    KODAMAの人生は…悲惨としか言えませんね。望まれない妊娠によって産まれた結果家族に冷遇されてきた訳ですからね。母体に危険がある以上簡単に中絶しろとは言いませんが、せめて里子に出すとか出来なかったのでしょうか。
    2019年03月03日 22:22
  • めそまね

    >名無しさん

    お気づかい痛み入ります。ねんざ、まだ治りません(笑)
    温泉で酔っぱらって転んだので自業自得ですがwww

    KODAMAの生い立ちは、同情せざるを得ないですよね。
    でも、産んだ以上は親が責任もって育てる必要はあると思うんですけどねえ・・・。


    『僕を見て』という感情が満たされないのは子供にとって辛いでしょうね・・・。
    2019年03月05日 23:46

カテゴリ

スポンサーリンク