【マガジン2019 15号『寄宿学校のジュリエット』レビュー・ネタバレ~エキシビジョンは成功、でも・・・??~

チームワークって大事ですよね。



皆と仲良くすることがチームワークではない。



皆と上手く同じ方向を向いて、協力することがチームワークですよね。



そんなチームワーク溢れる職場で、私は働きたいものです。



現実って・・・きびっしい。



会社ってそんなもんだよね・・・(/_;)







では、今回もマガジン『寄宿学校のジュリエット』ネタバレ・レビューやっていきまっせ。



まずは前回のあらすじ。






盛り上がってきたエキシビジョンマッチ。



だが、未だに犬塚とペルシア以外は、この試合の真の意味について把握できていなかった。



それゆえ、『チームワーク』と称し、スコットが犬塚をぶん投げる、蓮季がスコットを踏み台にするなど、



新しい?『チームワーク』を発揮する始末。



それに怒り狂った藍瑠は、スコットに襲いかかる!!



だが、それをかばったのは犬塚。



そして、犬塚は他の監督生に『皆の手本となるように協力し合おう』と説きます。



・・・犬塚の言葉に心を動かされた一同は、決意を新たにエキシビジョンマッチに臨むのでした。








では本編。



前回、ケットが空気を読まずにスコットからスティールし、ボールは現在ケットが保持。



完全に他の連中を引き離し、独走中!!



さらに、ケットの近くには藍瑠もいる。



相手が元・代表二人となれば、生半可なやり方ではボールを奪えない!



つまり、作戦が必要である。



そこで犬塚と玲音は、二人で作戦を考え、どういう算段でいくか話し合いました。







犬塚『なるほど・・・よしその作戦で行こう!!』



犬塚『それじゃ、オレは先行くから!指揮は玲音頼む!!!』



玲音『ボクが!?』



犬塚『玲音は頭は切れるし、洞察力はピカイチだ、心配すんな。運動神経はないけどな』



玲音『じゃなくて・・・ボクが指揮なんか皆認めないだろ・・・



犬塚『・・・そりゃお前が皆を認めてねぇからだ







犬塚は、玲音に『繕った言葉ではなく、本音をぶつけてみろ』と伝え、犬塚は作戦のために所定の場所へ急ぎました。



玲音に従えという犬塚の指示に、反論するアビとスコット。



玲音は、『もっともだ』と思ったのか、今までの玲音からは考えられない行動に出ます!!!















IMG_20190315_010952.png








玲音『今更謝ったところで許されない事は分かってる。でも私は、あなた達と力を合わせたいと本気で思っているから・・・』



ペルシア『そうね、あの時の恐怖は多分忘れられない・・・けど私と露壬雄はいくつもの理不尽と戦ってきた』



ペルシア『あなたもハーフとして生まれた運命と、これまで戦ってきたんでしょう?』



玲音『!!』



ペルシア『そんな私達だからこそ、できることがきっとあると思うわ』









IMG_20190315_011004.png










ペルシア・・・強い子・・・っ!!!



なんて凛々しく、猛々しいことか・・・っ!!



玲音も、一人称『ボク』じゃなくて、『私』になっているから『本音』なんだよね。



玲音も徐々に受け入れられて、良かったなぁ。



でも、それは多分ペルシアとか、蓮季、犬塚が大人だからだろうなぁ。



アビとスコットは、若干『クズ』要素あるからなぁ(笑)



ある意味、人間らしいというか、まぁ『ネタ枠』であるけども。









さて、玲音が皆と和解して、作戦遂行の準備が整った頃。



ケットと藍瑠はというと・・・???








ダリア学園のバラ園をまもなく抜けるところまで、到達していた!!



バラ園を抜けたら、後は一直線なので、独走状態ならゴールは必至!!



いち早く止めなければ!!



だが、このまま犬塚が指をくわえているわけがない!!!



ケットの進行ルートにあるマンホールがカタッと動く気配を見せると・・・??










IMG_20190315_011021.png











犬塚がマンホールから飛び出し、ケットからボールをスティール!!!



さっすが、伊達にマンホールで考え事をしていたわけではない(笑)



よっ、マンホールの申し子!!



いどまねき!!








さて、ボールをスティールした犬塚は、すぐにロングパス!!



バラ園を超えて、到達したのはスコットや蓮季のいる場所!!



しかし、想定内だったか、レックスとサイベルがパスカットに入る!!



も、それを超える玲音の采配っ!!



アビと蓮季の二人がかりでレックスを抑え、サイベルは玲音が足止め!!



(どうやって足止めしたかは、マガジンをご覧ください。ヒント:クマパン)









スコットはそのままボールをキープし、本館を抜ける!!






スコット『このままゴールまで突っ切ってやる!!』



藍瑠『悪いが・・・そう、易々と勝たせはせん!






なんと、藍瑠がスコットに追い付き、ボールを奪おうとします!!



藍瑠先輩、チートすぎだろwww



だが、ここでついに『真のチームワーク』が発揮される!?




IMG_20190315_011034.png





犬塚『ナイスリターン!!







スコットは後ろを全く見ずに、バックパス!!



スコットが犬塚を信頼している証ですね。



そして、犬塚はゴールに向かって必殺の『流星シュート』を決めようと振りかぶりました!!!!



ボールを相手のゴールにシュウウゥゥゥ!!!



だが・・・??





















IMG_20190315_011044.png






お・や・く・そ・く♡



さすが、犬塚・・・この辺が愛される由縁だな(笑)



藍瑠兄さんみたいに完璧すぎると、愛されるというより、異敬の対象って感じだもんな。



親しみやすい犬塚だからこそ、黒犬・白猫の共存が出来たわけだな、うんうん。










というわけで、エキシビジョンは2年の勝利で幕を閉じ、大盛況となりました。



そして、体育際は企画通り、『白黒混合』チームで競い合う事になりました。



だが・・・これが・・・後に新たな波乱を呼ぶことになろうとは・・・。



誰も知る由もなかった・・・のである。








というわけで、今回はここで終了ですね。



同じ目標に向かって皆が協力するって素晴らしいね。



今回は特に、スコットと犬塚、玲音とペルシアが和解したのが目玉すかね?






しかし、白黒混合が波乱を呼ぶだなんて・・・。



いつの世も、何かに固執するのは大人ばかりなんだな。



固定観念なんて捨てればいいのにな~。



ねー。



では、今回はここでさよなら。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
『徒然チルドレン』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26733324-1.html

『彼女、お借りします』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26744691-1.html

『五等分の花嫁』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26731082-1.html

『星野、目をつぶって』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26763198-1.html

『寄宿学校のジュリエット』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26794750-1.html

『This Man』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/article/460632541.html


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

寄宿学校のジュリエット 第2巻(初回限定版)【Blu-ray】 [ 小野友樹 ]
価格:7166円(税込、送料無料) (2019/3/15時点)


この記事へのコメント

  • r・ニッシー

    露壬雄とジュリエットを中心に少しずつではありますけど、学園を変えつつありますね。体育祭前のエキシビションでも、露壬雄ら2年生組は不器用ながらひとつになろうとしてますし、引退する藍瑠ら3年生もまた距離を縮めるきっかけになったように思います。それと司会をしていた朱奈とアメリアもすっかり仲良くなっている印象でしたね。意外に気が合うんでしょうか( ^ω^ )

    あとは玲音が「聖母なの?」っていうほど、ジュリエットの心の広さ、器の大きい人柄がにじみ出るところでしたね。

    さて次週からはいよいよ大人との闘いが始まりますね。
    今週の最後の場面で、体育祭の光景に驚く大人たちの中にはジュリエットの母・ラグドールの姿もありましたね。以前、ジュリエットに黒犬の生徒との恋を諦めるように言ってましたが、状況が変わった生徒たちを見てどう思うか。
    そして、両国のいがみ合いが当たり前になってしまい、固定観念に囚われてしまっている大人たちに、露壬雄たちがどう立ち向かうのやら。当然ながら、ジュリエットの父・ターキッシュも露壬雄たちの壁として立ちはだかるでしょう。
    2019年03月16日 08:28
  • めそまね

    r・ニッシーさん


    こんにちは。
    遅くなりすみません。


    大人たちは、頭が凝り固まってますからね(笑)
    自分も良い大人ですが、柔軟にいきたいものです。


    ニッシーさんのおかげで、名前思い出しました(笑)
    ラグドールでしたね、ジュリエットのお母さん。


    朱奈、アメリア、晃葵の3人は、なんかすごく仲良くなりそうですよね。
    彼らがまた新たな時代を創る日が来るんでしょうね。


    若いモノがいかに時代を創っていくか。
    頑張ってほしいもんです(ジジイ発言)
    2019年03月21日 21:21

カテゴリ

スポンサーリンク