【マガジン 2019 15号『彼女、お借りします』レビュー・ネタバレ~水原が和也に『好き』を伝える!?~

全然関係ないけど、最近『undertale』というゲーム音楽にハマッています。



え!?いまさら!?イマサーラ!?と思われる方、許して下さい。



社畜には、ゲームをやる時間も制限されているのです。



まあ、とにかく『undertale』のオーケストラ音楽とか、戦闘BGMとかに今熱中な訳です。



聞きながらだと作業できないネ。



とりあえず、アンダイン最高。






んじゃ、ま、今回もマガジン『彼女、お借りします』ネタバレ・レビューやっていきましょうか。



まずは前回のあらすじ。






夢のような制服デートを楽しむ和也は、水原と観覧車に乗ることに。



目のやり場に困り、和也は会話もできない状況。



そんな中、色々と話題を振って盛り上げようとしてくれる水原。



そして、ひょんなことから水原の隣に座る事を許された和也。



だが、水原に接触しまいと心がけるあまり、バランスを崩してしまう!!



その時!!!



和也の右手には、『むにゅん』とした感触が感じられたのでした・・・!!!







では、本編!!



さて、和也の右手にはまぎれもなく、あの柔らかいマシュマロ的物質の感触が!!






和也『な・・・が・・・っ!!!』



水原『・・・!!!!』







IMG_20190317_094522.png





まあ、そうなるわな。



まあ、そうなることは必然だわな。







和也『ぐへっ



水原『・・・ごめん、条件反射で・・・密室だし』



和也『いやっ、俺の方こそ、バランス崩れて・・・!!』







和也はチラッと水原の方を見るのですが、水原は澄ました顔で遠くを見ています。



あれ?右手のあの感触は気のせいだったのか・・・?



そうだ、そうに違いないと思う和也。



あれ、完全に入ってるよね(触ってるよね)







とにかく、気まずい和也は別の話題を振ります。



和也『やっぱりレンカノって大変だな。客の注文に何でも応えないといけないし』



和也『危ない目にあったことねーの!?ヤバイ奴とか









さっきぞ!?危ない目にあったのは!?



水原の胸、アナタあんなにむにゅむにゅしやがって・・・。



ホントに・・・和也、訴えられたら規約違反でしょっぴかれますぞ?



ヤムチャしやがって・・・。









水原『んー無いかな。意外と皆紳士よ』



和也『そ、そっか、意外・・・』



水原『あっ、でも一回・・・』










どうやら水原の話によれば、一度だけヤベー奴に遭遇したようで。



お気に入りの写真を見せてあげる』と言った奴がスマホを見せてきたらしく、それが『自主規制』画面だったようです。



直前までそれを見ていたらしく、要するに見せたくて見せたわけじゃないみたいですけど(笑)



ダメよ、ちゃんと、cookieまで削除しなきゃ!!



削除ぉ!!削除ぉぉ!!削除ォォォォ!!!



結局水原は、その時『見なかった』ことにしてなんとか乗り切ったみたいですが。








和也『そっか・・・やっぱ大変なんだな』



水原『まぁ、あと水族館で怒鳴られたりとか』



和也『(あああああ)その節は誠に・・・』











水原『・・・好きよ



和也『え?』










え!?好き・・・ってえ!!??このタイミングで!?



まさかの水原、告白!?



うっそぉ・・・!!



















IMG_20190317_094551.png






和也『え”・・・っ』




水原『色んな人と会えるのは人間観察にもなるし、色んな所に行けるのは人生経験にもなる









あ・・・っ(察し)



仕事が『好き』ってことね・・・。



んもー水原さんったらお人が悪い!



ちゃんと、述語だけでなく、主語もつけてつけてー!!







水原は、レンタル彼女の仕事の面白さ、嬉しさ、熱意などを和也に伝えます。



そんな輝いてる水原を見て、まぶしいと感じる和也。



自分の仕事に誇りを持っていて、やりたいことをやってて、凄い。



和也は、そんな水原を見て、『自分のやりたいことは?』と自問するのでした。








・・・さて、そんなこんなで観覧車が地上に着き、二人は観覧車から降りました。



その時、アトラクションの店員が話しかけてきました!!!!



IMG_20190317_094916.png









そういえば、観覧車乗る前写真撮ってたよね。



お、そういえばこれって和也の念願の『2ショット』では!?




IMG_20190317_094931.png








水原『でも、またお金が・・・!!』



和也『買う!買います!!!』



水原『・・・(ジト目)』








和也は大願が成就し、ご満悦(笑)



一体その写真でナニするんですかねぇ・・・。









水原『そろそろ時間ね、行きましょ』



和也『おっおう』



水原『そういえば、あなたに伝えなきゃいけないことがあるの』



和也『え?伝え?』



水原『この間の舞台のこと』



IMG_20190317_094951.png




和也『本当か!?









和也は驚きのあまり、周りの人が振り向くくらい大きな声を発声!!



困惑する水原でしたが、和也はもうそれどころではない。



どうやら、水原が出演する舞台は以前よりは規模や影響力が小さいみたいです。



でも、いずれはレンカノを辞めて、女優業に専念したいそうです。








さて。その帰り道。



和也は水原と手をつないで帰るのですが、力み過ぎて強く握り過ぎてしまいます。



とにかく、嬉しくて嬉しくて仕方がない和也。








水原が、夢にまた一歩近づいた。



その事実が今回のデートの想い出よりも強く、強く和也の印象に残りました。



水原が夢を実現するまで、自分が水原のために何かできないか。



ただ、それだけが和也の脳内にはあったのです。






はい、というわけで今回はここまで。



和也は、水原に恋心も抱いてるけど、それ以上に好きな人が輝くことが嬉しくて仕方がないんでしょうね。



まさに、アイドルに恋する追っかけみたいな感じですかね。



好きな人には、幸せになって欲しいもんな。



これぞ、純愛・・・なのかな。



もちろん、下心もあるだろうけど。







身近に夢を追いかけてて、頑張ってる人がいると、確かに応援したくなるなぁ。



夢を持つ、目標を持つ。



それって大事なことなんだけど、いつしか忘れてしまうんだよな。



僕らはフィクションの世界で、夢を追いかけて実現する話を見ると、つい比較しちゃうんだよな。



俺は、私は、一体何をしてるんだってね・・・。







みんな、夢はどんなに小さくても良い。



夢、目標を持とうね。



A5ランクの牛肉を喰いたいとか、腹筋を割りたいとか、そんな小さいことで良いんだろうなぁ・・・。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
『徒然チルドレン』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26733324-1.html

『彼女、お借りします』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26744691-1.html

『五等分の花嫁』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26731082-1.html

『星野、目をつぶって』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26763198-1.html

『寄宿学校のジュリエット』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26794750-1.html

『This Man』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/article/460632541.html




この記事へのコメント

カテゴリ

スポンサーリンク