【マガポケ 『This Man』第40話】~稀代のダークヒーロー、撃沈~

最近、左目がぴくぴくする。



ありゃやだ、ストレス性チックかしら??



会社のしがらみ、人間関係、お家のこと、etc。



課題が山積み、オイシイネ。



そんな時は、漫画を読んで現実逃避。



転生モノ読んで、『俺つえー』の世界観に浸るとかね。



働き方改革だかなんだか知らねぇが、日本はストレス多すぎ\(^o^)/






まあ、今回もマガポケ『This Man』ネタバレ・レビューやっていきましょうか。



まずは、前回のあらすじ。





KODAMAが明里親子を憎む理由は『星子』の『きたない』というメモ書きであった。



それが、彼の今回の劇場型犯罪へとつながったわけだが、それも間もなく終焉を迎える。



斗たちがKODAMAのオフィスに乗り込んだのである!!



だが、KODAMAはその機会を逆に『エンタメ」 に利用しようと画策。



かくして、KODAMAと斗たちのバトルが『全世界』へ放映されるのでした。









では、本編。



さて、ネット上はKODAMAと斗たちの直接対決に大いに盛り上がっている!!



いつの世も蚊帳の外の一般モブたちは呑気なもんである。



『星子タンマダ―?』とか、『イケメン対決』など、不謹慎ワードが飛び交います。









KODAMA『さぁ!自称正義の味方は、ボクにどんな言葉をかけるのでしょう!?



斗『もうお前に逃げ場はない。スタッフたちは全員投降した。お前が首謀者であることはすぐに証明される』



KODAMA『30点。もっと感動的な言葉にしろよ






全く反省の色が見られないKODAMA。



逆に開き直って、自分のショーであるのだから、自分が首謀者であるのは当然と煽りにいきます。






どうやら、KODAMA曰く本来のシナリオとしてはこうだったようです。



ドクター関(実の兄)、明里親子をディスマンに襲わせ、殺人鬼から星子を守る






しかし、『モブ』である天野斗が星子を守ったためにシナリオが狂ったようで・・・。



黒瀬を使って斗と星子を泳がせ、民間人もハントに参加できるようにする



というシナリオに変更したようです。







KODAMA曰く。



IMG_20190318_060934.png



失敗した原因は、斗の抵抗が思いの外強かったからだとのこと。



だが、KODAMAの発言に引っかかる人物が一人。



それは、九品寺でした。






九品寺『次があると思ってるのか?



KODAMA『・・・。キミたち何か勘違いしてないか?この勝負、ボクが負けることは絶対ないんだよ』







あ?



いやいや、いやいや、もうお前確実に捕まる事確定やん!!??



確かに殺人自体はディスマンと黒瀬の犯行だけど。



でも、お前確実に殺人教唆はしてるよな??








KODAMA『ボクが捕まったらどうなるか。全てのメディアがボクの一言一句に注目する。みんながボクのショーを考察する




IMG_20190318_061010.png






・・・え?



ごめん、ちょっと何言ってるか分からないです。



要するに『ボクを見て』っていう承認欲求の塊ってことですよね。



徹底した自己愛主義ですね・・・。



まあ、キミの生い立ちには同情をしますが。






ってか、もうKODAMAは完全に頭がぶっとんでますね(笑)



彼の第一優先は『注目されるかどうか』



だから、捕まろうが何しようが、注目されていればそれだけでいいってことっすよね。



イカれてやがる・・・Oh、ソークレイジー!!









斗『勝ち負けはどうでもいい。事件の真相を知っている。犯人を捕まえに来た。それだけだ』



KODAMA『・・・頭が悪いのかな・・・ボクを捕まえて何になる?ボクがスターになることに変わりはない』



KODAMA『お前は永遠に脇役。そういう話をしてるんだ』



斗『僕は脇役でも、悪役でもお前を捕まえる。警察官として







よく言った!!斗!!



てか、マジでKODAMA・・・マジキチ・・・www



ネジがゆるんでますよ?いや・・・ネジが取れてますよ・・・??









さて・・・だが、ついにKODAMAのエンタメショーが終焉を迎えることになります。



KODAMAがキチ発言をしているのを聞いていた女性スタッフ・・・。



ついに『配信』の終了ボタンを押した!!








斗『・・・お前』



IMG_20190318_061129.png









KODAMA『・・・言ったろ。ボクには大衆の味方が・・・』



斗『その大衆はここに飛んできて、お前の代わりに僕を殴ってくれるのか?



KODAMA『!!!』



斗『これは大衆との戦いじゃない。ここにいる者たちの戦い。僕らとお前との戦いだ









はい、KODAMA撃沈。



もう、KODAMAのライフは0に近い!!



だが、ここでKODAMAに更なる追いうちが!!!















IMG_20190318_061206.png




星子はかつてKODAMAにしたことを思い出していたのです。



母親を殺したことは一生許さない。



しかし、あの頃の幼稚な自分の発言は謝りたい。




星子はKODAMAにそうスケッチブックで伝えます。









KODAMA『今さらおせーよ・・・お前が汚いとか、言うから、ボク、沼の底に』



KODAMA『謝るなよ・・・お前・・・謝るなら・・・最初からこんな・・・こんな・・・』


























IMG_20190318_061230.png




KODAMAオワタ(笑)



逆転裁判で有罪が確定した犯人みたいにwww



逆転裁判だったら、多分演出でコメント欄荒れるな(笑)



KODAMAプギャーm9(^◇^)とかね。



さて、意気消沈したKODAMAに対し、斗は最後の質問をぶつけます!!









斗『・・・最後の質問だ。ディスマンはどこにいる



と、いうところで今回はここで終了です。







KODAMA・・・なんか呆気ないな・・・。



まあ、確かにクライマックスだからな・・・。



真実が明らかになれば、悪役ってこんなもんなのかな。



コ○ンとか、金○一とかでも、いきなり聞いてもいないのに、犯人自供するからな(笑)







あと、気になるのはディスマンの正体・・・ですが、まあ大体想像付きますよね。



どうやってディスマンと向き合うか、どういう結末になるのか・・・。



ハッピーエンドか、それとも・・・??



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
『徒然チルドレン』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26733324-1.html

『彼女、お借りします』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26744691-1.html

『五等分の花嫁』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26731082-1.html

『星野、目をつぶって』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26763198-1.html

『寄宿学校のジュリエット』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26794750-1.html

『This Man』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/article/460632541.html



この記事へのコメント

カテゴリ

スポンサーリンク