【マガジン2019 20号『寄宿学校のジュリエット』レビュー・ネタバレ~予定が埋まる!埋まる!人気者の犬塚代表!~

人気者はすごいですよね。



何もしなくても、勝手に予定が埋まっていく。



陰キャのめそまねは、こっちからコンタクトをとらんと、中々予定が埋まらんかったなあ。



まあ、今は子供の世話とか、仕事の疲れで休日はとにかく家で過ごしたいんだけど。



予定が埋まるってのも、最初は良いけど、疲れますよね。



最近の夢は、1日中寝て過ごすことだわ(笑)







まあ、とりあえず今回もマガジン『寄宿学校のジュリエット』ネタバレ・レビューやっていきましょうか。



まずは前回のあらすじ。





ウエストへの修学旅行のために、署名を集めなくてはならなくなった朱奈、アメリア、晃葵。



最初は順調そうに見えたが、次第に旗色が悪くなっていく3人。



だが、3人はそもそも『ウエストに行く理由』を突き詰め、その真意を理解。



それからは、署名活動が順調にいき、ついに150名以上の署名を集めることができた!



かくして、犬塚ら2年は朱奈、アメリア、晃葵の努力により、ウエスト公国へ修学旅行に行けることになりました。










では、本編。



さて、明日から修学旅行ということで、犬塚は荷造り中。



しかし、どうやら前日に準備するような感じなので、朱奈に手伝ってもらっていたようで・・・。



優秀よのう・・・朱奈・・・一家に一人ほしいわ。








朱奈『東和民がウエストに修学旅行だなんて歴史的大ニュースですよ!良い思い出ができるといいですね!』



朱奈『・・・なんて楽観的なんでしょうか・・・』



犬塚『んなことねーよ。そりゃ大変な事も多いだろうけど、きっと皆にとっても、オレにとっても』




IMG_20190421_094122.png









そうだろうなぁ・・・でも心配なのは大人たちだよなぁ。



玲音みたいに東和とウエストの政治的な問題で、何らかの問題が起きた人も少なくないだろうし。



ウエストの中には、『東和民出てけ!』ってやつもいるだろうなぁ。



ウエスト人は、良いけど東和民にとっては大変な修学旅行かも・・・。








さて、そして修学旅行当日。



IMG_20190421_094445.png



一行はまず船でダリア島の近くの空港のある島へ移動。(どこだろう?)



船で移動なので、スコットはオロロロロ状態。



相変わらず残念なメガネである。






さて、犬塚はというと・・・??



蓮季と一緒にいました。






蓮季『1日目はミラン市を観光か~。シャルのお城も観光ルートに入ってるんだな』



犬塚(ソワソワソワソワ



蓮季『犬塚どうした?ソワソワして』






犬塚はなんだかめちゃくちゃソワソワしてます(笑)



何か不安なことでもあるのでしょうか?






蓮季『ところでさ1日目と2日目は班行動だけど、3日目は自由行動じゃないか?



犬塚『そっそだな!』



蓮季『犬塚はどう過ごすんだ?』



犬塚『ど・・・どうだろう~?』



蓮季『予定がないなら一緒に廻らないか?静香と仁愛と一緒に』








犬塚は何か言おうとしたのですが、『友達として思い出を作りたい』という蓮季の願いを無下にもできず。



3日目の午前中は蓮季たちと一緒に過ごすことになりました。








さて、犬塚がなぜソワソワしていたか。



それはこんな理由がありました。








3日目の自由行動で・・・。



IMG_20190421_094209.png



ご両親へのあいさつを決め込む!



律儀!!



でも、確かに東和とウエストの交際となると、両親の同意もいるわな。








ペルシアの両親はえ~と・・・。



お母様が『ラグドール・ペルシア』で、お父様が『ターキッシュ・ペルシア』だっけか?



んで、ターキッシュが犬塚の母親の千和と恋仲だった時があって・・・。



ってことは、ターキッシュは多分犬塚のことを知っているのでは・・・?









さて、3日目の午前中が埋まってしまった犬塚は、急いでペルシアのもとへ向かいます。



いち早くペルシアと3日目の約束を取り付けなくては!



しかし!!








急ぐ犬塚の腕を掴グイっと掴む人物が!



意外!?それは!?



IMG_20190421_094221.png



この玲音、可愛くね?



否!



玲音はいつでも可愛い。









玲音がなにゆえ犬塚を引きとめたか。



実は、玲音にはあるお願いがありました。



それは、ウエストにいる玲音の母親の様子を少しでも見たいというものでした。



一人では勇気がでなくて、犬塚についてきてほしかったようです。



昔の玲音なら人に頼らずに、諦めていたろうに・・・。



成長したな・・・グスン。








というわけで、犬塚の3日目の夕方の予定が埋まりました。



だが、まだ夜がある!!



犬塚(挨拶は夜に行けばなんとか・・・)



と考える犬塚の目の前に現れたのは、足!!



今度は誰!?










シャル『ちょっと話があるんだけどぉ』



犬塚『今度はシャルかよ!



グイッ




IMG_20190421_094301.png




犬塚『はぁ!?なんでお前の家に・・・』



シャル『逃げたら首輪つけてでも連れてこさせるから覚悟してちょうだい』



シャル『ちなみにペルちゃんも来るから安心して』








犬塚の3日目の予定。




午前中→蓮季たちと廻る


午後~夕方→玲音と母親探しへ


夜→シャル王女の家へ






・・・予定が埋まりました♡



でも、夜結局ペルシア来ることになってたってことは、夜に両親へ挨拶は元々無理ゲーだったということ?



さて、絶望に打ちひしがれる犬塚に声をかけてきたのは、ペルシア。








ペルシア『何かあったの?船酔い?』



犬塚『ジュリエット・・・何でもな・・・』



犬塚(いや言うんだ!!どんだけギチギチのスケジュールになってもこれだけはやり遂げてみせる!!)



ペルシア『露壬雄・・・』













IMG_20190421_094320.png




おい・・・www



ちょ、おま、どんだけ船に弱いの?



オロシア様・・・www









んで、結局犬塚はペルシアに要件を伝えられず。



飛行機に乗り換えることに。



しかし・・・。





IMG_20190421_094347.png




こうして・・・犬塚はペルシアに何も伝えられないまま、ウエストに着いてしまったのです(笑)



てか、丸流と土佐のアイマスク・・・。







この漫画はちょいちょいボケをかましてくるから面白いよな。



ギャグあり、涙あり、恋あり、友情あり、バイオレンス?あり。



だからこそ、愛される『奇ジュリ』



これからも楽しみですなぁ。



では、また。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
『徒然チルドレン』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26733324-1.html

『彼女、お借りします』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26744691-1.html

『五等分の花嫁』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26731082-1.html

『星野、目をつぶって』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26763198-1.html

『寄宿学校のジュリエット』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26794750-1.html

『This Man』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/article/460632541.html






この記事へのコメント

カテゴリ

スポンサーリンク