【マガジン 2019 25号『彼女、お借りします』レビュー・ネタバレ~バラす?隠す?どっちが正解なんだろうか・・・?~

何が正解なんて分からない~♪



どれか一つだけってこともなあ~い♪



ただ自分のものさしで歩いてこう~♪







そう・・・世の中には正解なんてないんですよ。



こうした方が良い、ああした方が良いなんて、他人には分かんないんですよ。



要は、自分が決めたルートが正解と信じるだけで・・・。








今、『かのかり』でも『さゆたそ』に全てを打ち明けるか、黙っておくかで揉めてますよね。



でも、何が正しいかなんて分からないわけで・・・。



めそまねはどっちを選んでも、大丈夫だと思いますな。



だって、どちらも『さゆたそ』を思っての行動ですから。



『さゆたそ』なら分かってくれるさ。



つーか、この漫画の御婆ちゃまたち、マジで有能すぎwww








では、今回もマガジン『彼女、お借りします』ネタバレ・レビューやっていきましょうか。



まずは、前回のあらすじ。







『さゆたそ』が倒れた!!!と聞いて、一行は病院へ急ぐ!!



だが、表面上は『さゆたそ』はケロッとしており、和也と水原は拍子抜け。



しかし、それは『小百合ばーちゃん』が隠していただけだった・・・っ!!



実は、『小百合ばーちゃん』はもう永くなかった。



水原は、病名を知っていたため驚愕はしなかったが、和也は水原からそれを聞いて驚きます。



和也は、もう永くない『小百合ばーちゃん』に嘘をついたままでいるのが耐えられなかった。



本当のことを告げようとする和也でしたが、水原は和也の袖を掴み、引きとめるのでした・・・。








では、本編。



水原『私、おばあちゃんに「別れる」って言いたくない』



和也『水・・・原?』







なぜ水原が言いたくないのかは、分からんでもないですね。



愛しの孫娘がせっかく付き合えたと思っていたのが、嘘だと知ったらショックを受けるからですね。







和也『い、言いたくないって・・・なんで!?』



水原『・・・。おばあちゃん、あなたのこと、気に入ってるのよ・・・』



和也『え・・・っ!?』



水原『それに、自分がいなくなったら私が独りぼっちになっちゃうんじゃないかって、少なからず心配してる・・・』











IMG_20190528_062848.png



和也『・・・。・・・・・・っ。で・・・でも・・・』



和也『付き合ってないだろ・・・?俺たち・・・



水原『・・・ええ、そうね』



和也『だ、だったら、やっぱりこれ以上嘘なんて・・・っ!!



水原『・・・。お願い・・・。もう、とっくに、ただの”嘘”じゃないの



和也『で、でも・・・』



水原『いいじゃない、おばあちゃんの思い出の中では、私に素敵な人が見つかったって・・・



IMG_20190528_063232.png









・・・水原の、この表情。



水原自身も、本当のことを打ち明けるべきか、打ち明けないかで悩んでいるんだろうなぁ。



難しいよね、打ち明けるしても、小百合ばーちゃんをがっかりさせてしまう可能性はあるし。



打ち明けなかったとしても、なんだかわだかまりが残るというか・・・。



仮に、小百合ばーちゃんが和也と水原が本当は付き合ってないと知ってたら、余計に悲しいしね。



打ち明けてくれなかったなぁ、信用ねえなぁってね。






・・・でも、小百合ばーちゃん、なんとなく気づいていると思うけどなぁ。



多分だけど、水原と和也が本当に付き合っていないことは知ってて、



孫娘が和也に少なからず好意を抱いているっては気づいているんじゃないかなぁ・・・?







さて・・・水原に『別れた』ことを打ち明けないでほしいと伝えられた和也は困惑。



和也は、頭をかきむしり、病院の廊下でうずくまって悩み続けました。








そして・・・2人が病室へ戻ると・・・??



IMG_20190528_062916.png



メントスコーラの動画で大盛り上がりwww



私もやってみようかしらっって・・・小百合ばーちゃんだけは辞めろwww



冗談抜きで心臓止まるぞwww










病室でわいわいやっている光景を、なんとも言えぬ表情で見ている和也と水原。



面会時間も過ぎたので、水原と和也と和ばーちゃんは、病室を後にすることにしました。












和也『じゃあ俺、タクシー止めてくるから』



和ばーちゃん『おうっ、キレーなやつ頼むぞ!姫も一緒じゃ!かぼちゃの馬車みたいなやつを』



和也『キレーとかないから』








そして、和也はタクシーを止めにタクシー乗り場へと走って行きました。



和ばーちゃんと水原だけになり、いささかの沈黙が流れます。



その時!








和ばーちゃん『千鶴さん、これなんじゃが・・・』



和ばーちゃんが水原に差し出したのは、例の婚約指輪!!



水原『!!』



水原『だっ、ダメです!受け取れません!!』



和ばーちゃん『小百合さん、悪いんじゃろ・・・?



水原『え・・・・・・っ!?』



和ばーちゃん『本当に強い女性じゃ。明るく振る舞ってはいるが、小百合さんの顔をみれば分かる



和ばーちゃん『もしものことになれば、千鶴さんに身寄りがいなくなると聞いた』




IMG_20190528_062945.png








なごみーーーーーーーーーーーーーーーーんっ!!!!!




素敵なばーちゃんじゃ!!



たまに五月蠅すぎるところあるけど、良いばーちゃんやな・・・。



こんなばーちゃんが欲しかったわwww



亀の甲より年の功ってやつすね。









さて・・・そしてお迎えのタクシーが来ました。



和也と水原は、ようやく家に帰宅。



しかし、二人ともどうしてもモヤモヤが晴れませんでした。








和也は不安や悲しみであふれている水原のために、何もできない自分に不甲斐なさを感じ、



水原は、和ばーちゃんの婚約指輪も相まって、果たしてこのまま自分の祖母に隠したままでいいのかと葛藤。



『おばあちゃんのために』



この目的は同じはずなのに・・・。



IMG_20190528_063035.png



二人は、葛藤に悩むのでした・・・。








はい、というわけで今回はここまで。



さっきも言ったけど、なかなか答えが出せないよね。



嘘はつきたくないけど、悲しませたくない。



だったらさ・・・。






本当の彼氏・彼女になったら良いんじゃないの??



レンタルから本物に変わったら良いんじゃないの?



そしたら、婚約指輪の件も、小百合ばーちゃんへの嘘も、万事解決・・・だよね。



あとは、水原千鶴さん。



あなたのお気持ち次第ですよ。



あと、和也君も意を決してちょっと、探り入れても良いんじゃない?







るかちゃん・・・は、そーね・・・。



多分、もっと魅力的な男がいるはずだよ。



んーそうだな、木部君なんてどうかな?





んでは、今日はここまで。



また。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
『徒然チルドレン』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26733324-1.html

『彼女、お借りします』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26744691-1.html

『五等分の花嫁』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26731082-1.html

『星野、目をつぶって』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26763198-1.html

『寄宿学校のジュリエット』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26794750-1.html

『This Man』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/article/460632541.html


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

彼女、お借りします(10) (講談社コミックス) [ 宮島 礼吏 ]
価格:486円(税込、送料無料) (2019/6/1時点)


この記事へのコメント

カテゴリ

スポンサーリンク