【マガジン2019 26号『寄宿学校のジュリエット』レビュー・ネタバレ~くぐれ!登れ!届けろ!~

最近、体調が悪かったせいでロクに食べたなかった。


ので、体重3㎏減!


あれぇ、このダイエットとっても効果的ぃ!?


『体調崩しダイエット』


流行るかな!?


・・・流行らんわ!!


朝晩と寒暖の差がまだ激しい季節なので、皆様どうかご自愛ください。







では、今回もマガジン『寄宿学校のジュリエット』ネタバレ・レビューやっていきますね!


まずは前回のあらすじ。





迷子になった蓮季も無事に帰ってきて、その夜。


事件が起きた・・・。


犬塚の下に寄ってきたホテルに住む猫。


その猫が咥えてきたカバンには、シャルの下着が!!


そのシャルは今まさに、テルメ(温泉)に浸かっている真っ最中!


犬塚は冤罪を晴らすべく、偶然居合わせた古羊と土佐と『女子更衣室』へ向かう!!


土佐は寮監にあえなく捕まるも、犬塚と古羊はなんとか『女子更衣室』の近くまでたどり着いたのでした・・・!!







では、本編!


さて、『女子更衣室』は向かって左!


問題は誰にも見つからずにたどり着くことが大事・・・なわけだが。






古羊『待て!犬塚!』


古羊は、持っていた手鏡で更衣室前の状況を確認する。






古羊『更衣室前は女子が溜まってる・・・別のルートを考えよう!』


犬塚『お前、いつも手鏡持ち歩いてんの?』






ほほぉ、いっつも手鏡を持ち歩いているなんてな。


古羊は隠れたイケメンだから、もしかしたら身だしなみに持っているのかもな!!


・・・まぁ、たぶん、それ、チガウ、ネ、うん。


常日頃のミッション(覗き)のために持ち歩いているんですね、わかります。






と、状況確認していると、女子が一人近づいてきた!!


まずい!このままではバレてしまう!!


そう思った古羊は、ある作戦に!!






IMG_20190602_131937.png



なるほど、ダクトとはまたベタなwww


しかし、理にかなっている!!


さすが、(覗きの)プロ!!







犬塚『よーし!!一気に行くぞ!!』


古羊(あの喜びよう・・・そんなに下着が見たいんだな・・・)


スコット『待て!!貴様、そこで・・・何をしている!!











IMG_20190602_132008.png




スコット『警備だ!!


犬塚『嘘つけ!!』






スコット・・・お前はいつも・・・ブレないな・・・(フッ・・・)


お前のそーいうとこ、変わんねーよな!


この漫画の残念なイケメンの筆頭だな。


次がケット・シィ。


白猫の監督生って、あれ・・・変態しかいなくね・・・?







さて、スコットとひと悶着あり、ダクト内でスコットをたたきつける犬塚。


案の定、下の女子生徒たちに音が伝わり、気づかれてしまう!!


なんとかダクトから抜け出すことに成功した一行だが、ここで問題発生!!






古羊『悪ぃ・・・さっきやっちまったみたいだ・・・足・・・』


犬塚『古羊!!』


古羊『行け・・・オイラはお荷物にはなりたかねぇんだよ


犬塚『背負ってやる!肩貸せ・・・』


バッ(腕を振りほどく)


IMG_20190602_132036.png





やだ・・・かっこ・・・いい?


言ってること最悪にゲスいのにかっこいい・・・だと・・・??


女湯に行くための覚悟って・・・命がけだもんネ!








さ、そのころ女湯ではシャル、蓮季、ペルシア、玲音らがまったり中。


入浴シーンが見てぇ奴はマガジン買うんだぞぉ!!!


ほっかほかのエッチな生写真が・・・←違う


オラ、わくわくすっぞぉ!







・・・さて、そして犬塚とスコットはというと・・・??









IMG_20190602_132254.png



なんつー崖を・・・www


いや、犬塚はともかく、スコットのこの執着心はwww


引くわー。






と、崖の頂上まであと少し・・・というところで、手をかける場所がなくなってしまった!!


もうここまでか・・・そう思った犬塚の脳裏に二人の勇士の声が聞こえてきた・・・。


それは、散っていった土佐と古羊







犬塚(そうだ・・・諦めちゃダメだ。散って行ったあいつらのためにも!!)


犬塚『・・・なぁスコット。オレ達っていつもいがみ合ってるよな』


犬塚『でもエキシビジョンでチームを組んで、友情の大切さを知った』


犬塚『オレ達が手を組めばどんな壁だって越えられる。そう思うんだ』


犬塚『力を合わせないか?お前も行きたいんだろ、この崖の先に!


スコット『犬塚・・・フ・・・利害の一致か・・・』


スコット『わかった、2人でこの壁を乗り越えてやろう






二人は協力して崖を上ることにしました。


友情ってイイヨネ!!






初めにスコットが崖を上り切り、あとは犬塚を引き上げるだけ!!


スコット『フフ・・・』


犬塚『スコット?』


スコット『甘いな、犬塚。ボクを信用するなんて


犬塚『てめぇ・・・』


スコット『ハハハ、そこに一生しがみついてろ!・・・ん、足に何か


犬塚『甘いなスコット。オレが上着を脱いでいた事に気づかないなんて・・・






で・・・



IMG_20190602_132328.png



こうなる・・・と。



一瞬でも二人の友情を信じた俺の感動を返せwww



まあ、スコットの動機が不純だったから、なんとなく予想をしてたけども。







さ!!あとは、更衣室に行くだけ!!!


行くだけ・・・行くだけ・・・>行くだけ・・・。


























IMG_20190602_132204.png



あ・・・察し・・・。


犬塚は有無を言わさず、裸のペルシアに往復ビンタを食らいます(笑)


『俺はただカバンを戻そうとしただけです』と事情を説明すると・・・。






ペルシア『まったく・・・。私が戻しておくわ!さっさと帰りなさいバカ!



犬塚『信じてくれるのか?(涙目)』



IMG_20190602_132218.png



犬塚『ジュリエット・・・』







・・・こうして修学旅行1日目の大事件は、どうにか一件落着したのでした。



ちなみに、寮監に捕まった土佐と古羊は『犬塚君が唆した』とあっさり吐きました。



友情なんてなかったwww







というわけで、今回はここまでです。


次は、修学旅行2日目ですかね!


3日目は、自由行動だけど、2日目は何をするんでしょうかね!!


まだまだ波乱の予感がする修学旅行!


なんか修学旅行回って基本面白いよね!!


オラ、わくわくすっぞぉ!!(2回目)


では、また。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
『徒然チルドレン』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26733324-1.html

『彼女、お借りします』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26744691-1.html

『五等分の花嫁』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26731082-1.html

『星野、目をつぶって』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26763198-1.html

『寄宿学校のジュリエット』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26794750-1.html

『This Man』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/article/460632541.html




この記事へのコメント

カテゴリ

スポンサーリンク