【マガジン 2019 33号『彼女、お借りします』レビュー・ネタバレ~1mmの未練を残さないために・・・~

あ”~。



最近、考えたくもないのに、夢でも仕事してるよ・・・。



安月給、上司の責任転嫁、売りたくもない商品の販売強要、お局たちの我儘。



こんな会社もう嫌だワンっ!!



辞めてやる、辞めてやる、
辞めてやる、辞めてやる、
辞めてやる、辞めてやる、
辞めてやる、辞めてやる、
辞めてやる、辞めてやる、
辞めてやる、辞めてやる、
辞めてやる、辞めてやる、
辞めてやる、辞めてやる。




・・・ふぅ、口に出すと少し楽になるものですね。



吐きだすって大事ね。



さぁ、みんな吐きだそうっ!!



おヴぇえええええ。







じゃ、今回もマガジン『彼女、お借りします』ネタバレ・レビューやってきますね。



先週号のですけど。






まずは前回のあらすじ。



墨ちゃんのおもてなしデートにて、和也は現在の悩みを打ち明けます。



”知り合い”(水原)のために、何もできない自分が不甲斐ないと。



すると、墨ちゃんは和也の話に共感するだけでなく、一緒に泣いてくれました。



墨ちゃんの優しさに包まれて、和也も想いが溢れ、号泣。



和也と墨ちゃんはしばらく、その場でただただ、涙を流すのでした・・・。








では、本編。



お台場海浜公園から駅へと向かった墨ちゃんと和也。




IMG_20190725_042218.png



和也は泣きすぎて、目が真っ赤、そして頭痛がしていましたwww



しかし、気持ちはハレバレ。



墨ちゃんに、『最高のお饗しだった』とお礼を言います。



墨ちゃんはそれに感動したのか、小さくガッツポーズ!



そして、『またねっ!!(^o^)』と大きな声で笑顔で和也に挨拶を交わし、去って行きました。



・・・もう墨ちゃんはレンタル彼女として一人前だね♪








さて・・・墨ちゃんと別れた和也は『俺も頑張らねーと』と意気込みます。



そんな折、和也の目にとまったものが!!



それは、街中にあった映画の宣伝の看板!!



その看板には、『カメラを借りるな!』『日本中で大反響!』『クラウドファンディングにて』と書かれていました。









和也はこの看板を目にし、身震いします。



『人に頼る事も大事・・・』という墨ちゃんの言葉を思い出した和也。



これなら・・・!!!



和也(できるかもしれない・・・)



IMG_20190725_042307.png



名案を思い付いた和也は、走り出してどこかへと向かいました。









一方、その頃水原はというと・・・??



水原『私、もうスクール行くから。急がなきゃ』



水原『欲しいものあったらLINEして。また夜来るから。先生の言う事ちゃんと聞いて。安静にしてなきゃだめよ』



小百合ばーちゃん『ありがとう、看護師さん』



水原『・・・もうっ』









水原は、病院を出て、『アクターズスクール』へと向かいました。



水原の毎日はかなり忙しい。



皆でご飯でもどう?という誘いにも気軽に乗れない。



それもそのはず。



IMG_20190725_042337.png








・・・超人ですね・・・。



えーと、大学でしょ?演技のレッスンでしょ?お見舞いでしょ?



劇団の稽古、オーディション、レンカノ・・・etc



ここまで、ふつーできないよ、ホント。



・・・でも、女優、俳優の道って・・・厳しいようで・・・。









アクターズスクールに通っている人数は65人。



その中で、事務所に入れるのは年間で1人~2人。



かつ、スクールの月謝は月24000円。



実力だけではどうにもならず、強運とタイミングもそろわないと、目に留まらない。




くそお・・・どうにか水原を幸せにしてやってくれよ・・・。



水原に足りないのは、強運とタイミングだけだよ・・・。



こんなに努力してるんだから、素晴らしい演技をするんだから・・・頼むよ、オイ。







だが、水原に遺された時間は少ない。



いや、彼女ではなく、彼女のおばあちゃんの時間が。



最近は、食もかなり細くなっており、ほとんど食事に手をつけていません。








水原(初めから、半分は分かってたんだ)



水原(おばあちゃんの病名を聞いた時から、映画になんてそんな簡単に出られるものじゃない)



水原(きっと、間に合わないって・・・









だからこそ、水原は後悔のないように、未練を残さないように、尽力してきた。



毎日必死で、何事にも取り組んできた。



演技の勉強、練習、体づくり。



しかし、以前春に受けたオーディションの結果も、『不合格










彼女は、部屋にある遺影を手に取る・・・。




IMG_20190725_042502.png



水原『笑ってないで、教えてよ。おじいちゃん・・・・・・』








もはや水原の心は限界に近かったのかもしれません。



彼女は体を震わせながら、遺影の中のおじいちゃんに話しかけたのでした。



そして、ここから話は6年前の過去に飛びます。










おじいちゃん『何ィィ~~~~!!



おじいちゃん『両親がいないことをバカにされ、男子とケンカになったー!?』



おじいちゃん『それで勝ったのか!?何と言われた!?そういう時は言ってやれ!!』



おじいちゃん『お前たちの親父よりはるかにピンピンしとる祖父がいると!!』



おじいちゃん『よいか、ちづる!!』









IMG_20190725_042534.png



おじいちゃん『聞いとるのかーーー』








話は水原が中1の頃までさかのぼります。



次回は、水原と勝人おじいちゃん、そして小百合ばーちゃんとのエピソードの回になります。



・・・にしても、暑苦しいおじいちゃんやでwww



名前も勝人って、もう・・・。



でも、こういう暑苦しいけど元気な人って、めそまね尊敬するわ。



一緒にいると、小五月蠅いのう・・・って感じだろうけどwww







さ、では今回はここまで。



次回また!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
『徒然チルドレン』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26733324-1.html

『彼女、お借りします』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26744691-1.html

『五等分の花嫁』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26731082-1.html

『星野、目をつぶって』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26763198-1.html

『寄宿学校のジュリエット』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/category/26794750-1.html

『This Man』記事↓
http://magagine-syonen.seesaa.net/article/460632541.html




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

彼女、お借りします(11) (講談社コミックス) [ 宮島 礼吏 ]
価格:486円(税込、送料無料) (2019/7/25時点)



この記事へのコメント

カテゴリ

スポンサーリンク